検出と自動化を通じて証明書を全体的に制御する方法

TLS/SSL証明書は、コンプライアンスを維持し、脆弱性から安全を保ち、有効期限切れを避けるために、常に監視する必要があります。しかし、ほとんどの組織は、組織内にある証明書の状況を全てリアルタイムで把握していません。ネットワークに可視性がなければ、不正な証明書や更新されていない証明書を制御することはできません。可視化することは単に期限切れのリマインダーを設定するだけではなく、コンプライアンスを維持し、追跡と監査を簡素化することにもつながります。