リモートからの安全なドキュメントサイニング(署名)

リモート環境では、事業継続性を維持することが重要です。現在直面する世界的な危機の以前でさえ、多くの組織では時間とコストを節約するためビジネスを革新し、デジタル化が課題になりつつありました。多くの施設が物理的に閉鎖されている状況では、署名・押印が必要な業務がボトルネックになっています。

オンラインバンキング情報を安全に保つ方法

近年、モバイルバンキングとオンラインバンキングが増加しています。1995年から2015年にかけて、物理的な銀行の拠点はほぼ半減しました。
その上、現在ソーシャルディスタンスが推奨される状況下、多くの銀行はオンラインバンキングサービスの利用を顧客に求めています。ただ、オンラインサービスの利用率が高くなると、サイバー犯罪のリスクも高まります。

Chromeで「保護されていない通信」の警告が表示される理由と対策を説明します

Google Chromeブラウザのバージョン68には、安全でないWebページにアクセスした際に「保護されていない通信」という警告をアドレスバーに表示する機能が新たに導入されました。最新版のChromeでは、そのメッセージをクリックすると、「このサイトへの接続は保護されていません」と説明するポップアップが表示され、サイト上で機密情報を入力しないようにという警告が表示されます。

あなたの秘密鍵はどこにありますか?

証明書の有効期間は短くなりましたが、ほとんどのIT担当者は、TLS/SSLの設定を頻繁に変更することはありません。多くの人は、1年に1回程度、証明書の変更が必要なときに鍵の問題に直面します。しかし証明書や秘密鍵の管理は難しく、これらの資料がどこにあるのかを探すことさえ、時間がかかってしまうことがあります。この記事では、秘密鍵を見つけるための手順をご説明します。これから最も一般的なOSについて説明しますが、その前に、秘密鍵についての基本的な説明をします。

このサイトで買うべきでしょうか?ウェブサイトが安全かどうかを確認する方法

プレゼントを贈る季節が近づくと、多くの人がオンラインでホリデーショッピングをするようになります。実際、アメリカ人は2020年のブラックフライデーだけで103億ドル、サイバーマンデーでは127億ドルを消費すると予測されています。セールスフォース社の試算によると、11月最終週のオンラインショッピングラッシュであるサイバーウィークに、全世界の消費者は約260億ドルを費やします。