Chromeで「保護されていない通信」の警告が表示される理由と対策を説明します

Google Chromeブラウザのバージョン68には、安全でないWebページにアクセスした際に「保護されていない通信」という警告をアドレスバーに表示する機能が新たに導入されました。最新版のChromeでは、そのメッセージをクリックすると、「このサイトへの接続は保護されていません」と説明するポップアップが表示され、サイト上で機密情報を入力しないようにという警告が表示されます。