SSL/TLSサーバ証明書の有効期限を短縮するCA/ Bフォーラムの新たな提案:それはセキュリティを改善するのでしょうか ?

CA / B フォーラム(※1)にて、SSL/TLS証明書の最大有効期限を13ヶ月に短縮する新たな提案がなされ、それについて議論が行われています。有効期間が39か月から27か月に短縮された2018年3月の措置に続く提案です。もしこの提案が可決された場合、2020年3月1日に変更が発効されます。このブログでは、この提案の価値を分析するとともに、想定される証明書ユーザーへの影響と比較してどのようなセキュリティ上の利点があるのか、を分析します