DigiCert Labs、セキュリティやプライバシーの観点からIoTデバイスを分類する方法の可能性を探る。分類にはAIやパターン認識のテクノロジーを活用

同意も得ずに周辺の音を録音したり、相手に気付かれないように写真を撮ったり、相手の許可なくデータを転送したりできるデバイスが、いま私たちの周囲には溢れています。言い換えれば、私たちはデジタルの目と耳に取り囲まれています。通常、これらのデバイスはモノのインターネット、略称、IoTに分類されます。具体的には、AmazonのAlexasやNestのスマートカメラ、スマートサーモスタットなどがこれに相当します。