スマートスピーカーの安全性に欠かせないものは何か ハックされるとしたら?

IoT家電が多種多様な分野で増えています。外出先からスマートフォンで掃除機を起動すれば、帰宅するころには部屋がきれいになっています。留守番中のペットの姿をスマートフォンで確認したり、餌やりもできるようになりました。

音声で操作できる家電も広がりつつあります。例えば電子レンジに「レンジを600Wで3分で」と話しかけてセットしたり、履歴を考慮して献立の提案をしてくれる製品もあります。パネル操作を音声で簡略化したり、家族の好みに合わせてサポートしてくれるのは便利です。

DigiCert Labs、セキュリティやプライバシーの観点からIoTデバイスを分類する方法の可能性を探る。分類にはAIやパターン認識のテクノロジーを活用

同意も得ずに周辺の音を録音したり、相手に気付かれないように写真を撮ったり、相手の許可なくデータを転送したりできるデバイスが、いま私たちの周囲には溢れています。言い換えれば、私たちはデジタルの目と耳に取り囲まれています。通常、これらのデバイスはモノのインターネット、略称、IoTに分類されます。具体的には、AmazonのAlexasやNestのスマートカメラ、スマートサーモスタットなどがこれに相当します。

NISTによる“IoTへのDDoS攻撃の緩和”研究への参画

Internet of Things(IoT)機器の爆発的な成長は、製造業者と消費者にとっての恩恵でした。オンライン化される製品は実に多くあり、その開発には終わりが見えそうもありません。おそらくあなたは、卵ケースやごみ箱がインターネットに接続されることになろうとは考えもしなかったと思いますが、これらは現実に起きています。

セキュリティソリューションが必要なコネクテッドカーの現状:PKIの採用

2年後の2020年までに、およそ2億5千万台のコネクテッドカーが道路を走る事になると言われています。既に2100万台のコネクテッドカーが運転されているのです。私たちの車の多くは既に私たちが運転している間にも、スポーツの試合結果、交通情報、ソーシャルメディアのアップデートを常時実施するという魅力的な機能を備えています。

PKIはIoTを安全に保つ鍵となるのか?

成長するインターネットが、その速度を落とすことはありません。しかし、セキュリティ上の懸念は、消費者にとって避けがたい問題になってきています。DigiCertのIoTセキュリティ担当のVP、Mike NelsonGreenがIoTセキュリティと公開鍵インフラストラクチャとの戦いについての彼の見識を共有します。

ホスピタリティ業界でインターネットに接続されたデバイスを保護する方法

2月中旬、私はホスピタリティ業界でInternet of Things(IoT)デバイスを保護することに焦点を当てたセミナーに参加しました。このイベントは、CLM(Claims and Litigation Management Association:苦情/訴訟管理専門家協会)によって主催されたものです。

億単位のIoTデバイスの安全を実現するデジサートのスケーラブルなPKIソリューション

インターネットに接続された何千ものデバイスがデフォルト設定のまま使用されるとそれらは攻撃に対して非常に脆弱です。新しいガジェットを利用したい気持ちでいっぱいな時、例えば新しいルーターを導入しようとしている時、人はネットワーク設定やパスワードの安全性に配慮することを忘れてしまいます。