証明書のピンニングはやめましょう

証明書のピン留めは、特定のWebサイトで有効と見なされる証明書を限定し、リスクを制限します。信頼できる証明書であれば使用を自由に許可する代わりに、運用者は発行認証局( CA )、公開鍵、または選択したエンドエンティティ証明書さえも「固定」します。そのサーバーに接続するクライアントは、他のすべての証明書を無効として扱い、HTTPS接続の確立を拒否します。

安全なリモートEメール利用のための5つのヒント

毎日何通のメールを受信していますか?送受信しているメールが安全であることをどのようにして確認しますか?従業員のメールが安全であることをどのようにして知っていますか。特に、従業員がリモートで作業していて、自宅や未知の場所からメールを送信している場合はどうですか?

VPN + PKI =リモートワーカーを保護するアクセスを実現するソリューション

リモートで作業する際に、通常どおりビジネスを継続するためより多くの従業員が企業のプライベートネットワークにアクセスする必要があります。リモートワーカーの接続を維持すると同時に、ネットワークアクセスの保護と制御も重要です。さらに、組織のVPNの使用が増加するにつれて、攻撃の防止方法やVPNの利用監視ポリシーなど、脅威の多様化も考慮する必要があります。PKI( 公開鍵基盤 )はモバイルワーカーをサポートしつつ、仮想ネットワークアクセスを制御する素晴らしいオプションです。

リモートからの安全なドキュメントサイニング(署名)

リモート環境では、事業継続性を維持することが重要です。現在直面する世界的な危機の以前でさえ、多くの組織では時間とコストを節約するためビジネスを革新し、デジタル化が課題になりつつありました。多くの施設が物理的に閉鎖されている状況では、署名・押印が必要な業務がボトルネックになっています。

オンラインバンキング情報を安全に保つ方法

近年、モバイルバンキングとオンラインバンキングが増加しています。1995年から2015年にかけて、物理的な銀行の拠点はほぼ半減しました。
その上、現在ソーシャルディスタンスが推奨される状況下、多くの銀行はオンラインバンキングサービスの利用を顧客に求めています。ただ、オンラインサービスの利用率が高くなると、サイバー犯罪のリスクも高まります。