デジサート、TLS/SSL向けオールインワン・ 電子証明書管理ソリューション、 「DigiCert CertCentral® Enterprise」, 販売パートナー向け「DigiCert CertCentral® Partner」, 及びSMB市場向け「DigiCert CertCentral®」 を日本市場に一般提供開始

デジサート・ジャパン合同会社(所在地:東京都中央区、カントリーマネージャー:平岩 義正、以下 デジサート)は本日、クラウドやホステッド環境の為のサーバ証明書一元管理プラットフォーム、DigiCert CertCentral(以下、DigiCert CertCentral)を発表いたしました。
DigiCert CertCentralは大規模企業、中小企業、個人事業主、及びデジサートの認定パートナーを対象に、卓越した自動化とその他の機能を提供します。
これまでの管理基盤をお使いの一部の大規模企業のお客様は既にアップグレードを開始されていますが、中小企業のお客様は8月中を目途にアップグレードを開始する予定です。

リモートワーク環境からの安全なモバイルデバイス管理

モバイルデバイス管理(MDM)ソリューションは、企業がリモートワーカーの接続デバイスを管理・保護するのに役立ちます。多くの企業や組織は、セキュリティとIDを維持するという新たな課題に直面しています。現在の環境における新たな変化は、リモート作業が増加し、以前は存在しなかった独自のデバイス(BYOD)がさらに増えていることです。このような環境では、 PKIがモバイルデバイスを管理するために不可欠です。

マイナビニュースで続きを読む

DigiCert、Frost&Sullivanにより世界のSSL/TLS市場における2020 Global Company of the Yearに選出

DigiCertの顧客優先の戦略、機能豊富なソリューション、アジャイルプロセスは、世界の市場で高い優位性を持つ ロンドン— 2020年5月21日— Frost&Sullivanは、世界のSSL/TLSサーバ証明書市場の最近の分析に基づいて、2020 Global Company of the Year Awardに DigiCertを選びました。DigiCertはその成長において強力な市場におけるリーダーシップを発揮し、新しい標準の採用を推進し、業界最高レベル、かつ最新のPKI( 公開鍵基盤)テクノロジーで継続的に革新を続けています。

DigiCertがJason SabinをCTOに任命

Sabinは、業界最高のテクノロジーを構築する数十年の経験と、エンジニアリングとイノベーションに対する強い情熱をもたらします。
ユタ州リーハイ(2020年5月19日)— TLS/SSL、IoT、PKIソリューションの世界的大手プロバイダーであるDigiCertは、Jason Sabinを同社の最高技術責任者(CTO)に任命しました。Sabinは2017年からDigiCertの最高情報責任者を務めており、最高セキュリティ責任者や研究開発責任者など、同社の他の多くの幹部職を歴任しています。

仕事用PCだけを使う、家族に使わせない–在宅勤務を安全にするための9つ

在宅勤務の課題の一つとしてセキュリティが挙げられる。従業員に在宅での勤務を要請するようになり、犯罪者たちもパンデミックを利用して新たな攻撃を展開しているからだ。

TechRepublic Japanで続きを読む

耐量子暗号時代に向けて4つの成熟度モデルを定義(デジサート)

デジサート・ジャパン合同会社(デジサート)は4月27日、耐量子時代のセキュリティ対策を指南するホワイトペーパー「耐量子コンピューター暗号成熟度モデル」(PQC成熟度モデル)を公開した。同ホワイトペーパーでは、PQC成熟度モデルとして4種類のモデルを設定し、モデルごとにセキュリティリスクや学ぶべきこと、そして具体的な取り組みを示している。

ScanNetSecurityで続きを読む

コネクテッドカーを守る…量子計算機でも解読が難しい暗号方式「PQC」とは?

デジサート・ジャパン(東京都中央区、平岩義正日本代表、03・4560・3900)は、6月に電子証明書発行システムを通じて、量子計算機でも解読が難しい暗号化方式「耐量子計算機暗号(PQC)」のツールキットの提供を始める。先駆けて、27日に耐量子技術の理解や脅威への備えの達成レベルを測る「PQC成熟度モデル」を公開する。これにより、量子計算機が既存の暗号化技術にもたらす脅威への準備や次世代技術への移行を支援する。

ニュースイッチで続きを読む

デジサート、耐量子時代のセキュリティ対策を指南するホワイトペーパー「耐量子コンピューター暗号成熟度モデル」を公開

デジサート・ジャパン合同会社(所在地:東京都中央区、カントリーマネージャー:平岩 義正、以下 デジサート)は、耐量子時代のセキュリティ対策を指南するホワイトペーパー「耐量子コンピューター暗号成熟度モデル」( https://www.digicert.com/jp/post-quantum-cryptography/#pqc-maturity-2020 )(以下 PQC成熟度モデル)を公開しました。PQC成熟度モデルには、量子コンピューターがもたらす脅威への対応について、自社の成熟度を測るためのモデルが示され、セキュリティリスクや学ぶべきこと、そして具体的な取り組みが成熟度モデル別に網羅されています。デジサートはPQC成熟度モデルを通じて、将来的な量子アルゴリズムへの移行に向け適切な準備ができるよう支援します。

日経 xTECH Activeで続きを読む