デジサート幹部が説く、IoTセキュリティの備えとは

デジサートジャパンは10月28日、都内でIoTセキュリティに関する記者説明会を開催した。
同社では、TLS/SSL、IoT、そのほか公開鍵インフラストラクチャ(PKI)ソリューションを提供している。冒頭、米Digicert VP of IoT Security(IoTセキュリティ担当副社長)のマイク・ネルソン氏は「IoTデバイスは『デバイス認証』『データ暗号化』『データの完全性』の3つの課題を抱えている。IoT関連では、これまでにも自動車やペースメーカーのハッキングに加え、WannaCryなどが挙げられる」と指摘。

マイナビニュースで続きを読む

IoTセキュリティの3つの課題「デフォルトパスワードの変更だけではダメ」

「IoTのセキュリティには3つの課題がある」。デジサート・ジャパンは2019年10月28日、記者説明会を開催。米DigCertでIoTセキュリティ担当副社長を務めるマイク・ネルソン氏が、セキュアなIoTを実現するためのポイントを解説した。

ビジネスネットワーク.jpで続きを読む

IoTデバイスを安全に使うにはPKIの電子証明書が役立つ、デジサートがアピール

デジサート・ジャパンは2019年10月28日、都内で会見し、IoTデバイスを安全に使うための商材として、IoTデバイス向け電子証明書をアピールした。IoTデバイスが抱えるセキュリティ上の課題を説明し、IoTデバイスを対象としたサイバー攻撃の事例を紹介した。

IT Leadersで続きを読む

サイバー防衛、病院でも 米デジサートやSOMPO系 ~遅れる日本の需要見込む 機器認証や通信可視化~

病院や医療機器へのサイバー攻撃を防ぐためのセキュリティー対策が日本でも出始めた。電子証明書で世界大手の米デジサートは医療機器への不正アクセスを防ぐサービスを提供する。SOMPOホールディングスのグループ会社はイスラエルの企業と病院のシステム監視を始める。海外では患者の電子カルテなどが闇市場で高値で売買され、病院へのサイバー攻撃が相次いでいる。対策が遅れがちな日本での需要を見込む。

日本経済新聞で続きを読む

「PSD2」が開くフィンテックの可能性と求められる新たなセキュリティ要件

2019年9月14日に施行が迫った「欧州決済サービス指令」(EU Payment Services Directive II、PSD2)は日本企業にとっても無関係の話ではない。そこで、SSL/TLS証明書、PKIの世界最大手デジサートの日本支社、デジサートジャパン合同会社(DigiCert Japan)に、オープンAPIを活用したフィンテック(FinTech)の可能性やPSD2で求められる強力な本人認証、日本企業との関わりなどについて説明してもらった。

ペイメントナビで続きを読む

[Black Hat USA 2019] 量子コンピュータによる暗号危殆化 ~ 耐量子計算機暗号 ( PQC:Post Quantum Cryptograph ) 証明書とは?

Blackhat USA 2019 において米デジサート社は、量子コンピュータの暗号解読に耐えうるサーバー証明書のサービスをリリースした。PQC( Post Quantum Cryptograph:耐量子計算機暗号)技術を利用した証明書とはいったいどんなものか。

ScanNetSecurityで続きを読む

狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は

近年、IoTデバイスへの攻撃が増え続けています。理由は台数が増えているだけではなく、IoTデバイスが攻撃に対して無防備で悪用されやすいためです。PCやスマートフォンはセキュリティを意識して使われるようになりましたが、それ以外の機器ではそうした意識が希薄になりがちです。

IT mediaで続きを読む

ヤフーがデジサートの新しい電子証明書を採用 安全で高速なモバイルウェブ環境を実現

TLS/SSL、IoT、その他PKIソリューションの提供で世界を主導するデジサート・ジャパン合同会社(所在地:東京都中央区、カントリーマネージャー:平岩 義正、以下 デジサート)の発行するSigned HTTP Exchangesに対応した電子証明書(以下証明書)が、ヤフー株式会社に採用されました。Signed HTTP Exchangesは、Google Chromeの検索結果をモバイル端末で高速表示するAMP*(Accelerated Mobile Pages)をユーザが安全に閲覧できるよう開発された新しい署名の手法です。