他人の声で自宅を解錠できる? Apple「HomePod」で試してみた スマートスピーカーがIoTの弱点になるか

ネットにつながる家電が増えています。外出先からスマートフォンでロボット掃除機を起動すれば、帰宅する頃には部屋がきれいになっています。留守番中のペットの姿をスマートフォンで確認したり、餌やりをしたりもできるようになりました。
特に最近は音声で操作できる家電も広がっています。例えば、電子レンジに「600Wで3分」と話しかけてセットしたり、日頃の食事を考慮して献立を提案してくれたりする製品もあります。従来の複雑なボタン操作を音声で簡単にしたり、家族の好みに合わせて食事をサポートしてくれたりする機能によって、生活はますます便利になるでしょう。

IT Mediaで続きを読む

自動車、医療機器など製造業の世界にも認証と暗号化、完全性の担保を――証明書事業から見えてくるIoTセキュリティの課題

DigiCertは2019年1月31日、米国ラスベガスにおいて年次カンファレンス「DigiCert Security Summit 2019」を開催した。DigiCertのプロダクト担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるジェレミー・ローリー氏は、PKIソリューションをベースに、ネットワーク越しに接続している相手が誰かを確認する「認証」、通信内容を第三者に盗み見られないようにする「暗号化」、そしてデータに改ざんが加えられていないことを照明する「“完全性”の担保」という3つのセキュリティ対策の重要性を強調した。

atmarkITで続きを読む

デジサート、産学連携で未知のセキュリティ脅威に対応する 「デジサート研究所」を設立

米デジサート・インク(本社:ユタ州リーハイ、代表者:ジョン・メリル(John Merrill)、CEO、非公開企業、以下デジサート)は、トップクラスの大学研究者と業界リーダーが協働してセキュリティの課題に対する革新的なアプローチについて研究と開発に取り組む「デジサート研究所」を設立したと発表しました。

デジサートとUtimaco、将来のIoTにおける量子コンピューティングに関する脅威への安全確保に向け、マイクロソフトとの連携を強化

米デジサート・インク(本社:ユタ州リーハイ、代表者:ジョン・メリル(John Merrill)、CEO、非公開企業、以下デジサート)と世界3位のハードウェアセキュリティモジュール(HSM)プロバイダーであるUtimaco社(以下Utimaco) 、耐量子計算機(以下 耐量子コンピュータ)暗号を主導するマイクロソフト リサーチは、「Picnic」耐量子コンピュータデジタル署名アルゴリズムの試験実施に成功したことを発表しました。

“ネットにつながるクルマ”に潜むセキュリティリスク 有効な対抗策とは

2020年までに、およそ2億5千万台のコネクテッドカーが全世界の道路を走るといわれています。既に2100万台のコネクテッドカーが実際に運転されており、その多くは私たちが運転している間にもスポーツの試合結果、交通情報、SNSの情報を常時アップデートするといった魅力的な機能を備えています。車同士が通信して連携することも難しい話ではありません。

ITmedia NEWSで続きを読む

デジサートQuoVadisの買収を完了 ヨーロッパ事業、TLS、PKI製品を拡大

米デジサート・インク(本社:ユタ州リーハイ、代表者;ジョン・メリル(John Merrill)、CEO、非公開企業、以下 デジサート)は、 本日、スイス有数のサイバーセキュリティーおよびIoT関連企業WISeKey International Holding Ltd.(SIX: WIHN)からQuoVadis Group(クオバディスグループ、以下 QuoVadis)を 買収する取引を完了しました。

IoTデバイスは危ない?インターネット草創期から学んだセキュリティ対策、IoT時代に生かすためにできること

PCやスマートフォンがインターネットにつながったことで、普段の買い物からオンラインバンキング、情報へのアクセスなど、私たちの生活は革新的に便利になりました。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」が本格的に普及することで、今後もさらに大きな変化が世の中にもたらされます。

ITmedia NEWSで続きを読む

デジサートが「IoTセキュリティ調査」を実施、 IoTのセキュリティ実装の誤りによる企業の損失が明らかに

米デジサート・インク(本社:ユタ州リーハイ、代表者:ジョン・メリル(John Merrill)、CEO、非公開企業)は、このほど「IoTセキュリティの現状に関する調査2018」を新たに実施しました。
同調査により、企業がビジネスモデルにIoT(Internet of Things)を取り入れる際の実践方法に誤りがあるために多額の金銭的損失が発生し続けていることが明らかになりました。

Venafiとデジサート、電子証明書のライフサイクル管理を支援

マシンID保護の先進企業であるVenafiと、TLS/SSL、IoT、その他PKIソリューションの提供で世界を主導するデジサート(本社:ユタ州リーハイ、代表者:ジョン・メリル(John Merrill)、CEO、非公開企業)は本日、
世界で最も要件が厳しい、セキュリティが重視される企業に向け、複雑なマシンIDプログラムを合理化・自動化するための新たな統合について発表しました。