USB Type-C認証向けマネージドPKIの運用で USB-IFがデジサートを採用

— オプションのセキュリティプロトコルにより、USB Type-CのOEM製品を不適合USBデバイスからの悪意のあるペイロードや危険な電力サージから保護 —

米デジサート・インク(本社:ユタ州レヒ、代表者;ジョン・メリル(John Merrill)、CEO、非公開企業、以下 デジサート)は、USB Type-C認証仕様向け登録および認証局サービスの運用において、USB規格の標準化団体であるUSB Implementers Forum(以下 USB-IF)に採用されました。
オプションのセキュリティプロトコルは暗号ベースの認証を採用することで、デバイスの接続および充電のグローバル標準としてのUSB Type-Cの立場をさらに強化するよう設計されています。

USB Type-C認証によりOEM製品は、ホストシステムがUSBデバイスまたはUSB充電器の信頼性を製品のディスクリプタ、機能、証明書ステータスなどの特徴によって確認するための証明書を使用できるようになります。
この認証は、電圧等の不適合USB充電器に起因する潜在的な損害や、悪意をもって作成されたハードウェアまたはソフトウェアをUSBで接続することによって生じるデバイス故障のリスクから保護します。

USB-IFのプレジデント兼COOであるジェフ・ラベンクラフト(Jeff Ravencraft)氏は、次のように述べています。
「USB Type-Cの採用は増え続けています。このインタフェースはすぐに、あらゆる種類のデバイスの接続と充電に最適なソリューションとして確立するでしょう。
USB-IFは、USB Type-C認証向け認証局の管理でデジサートと連携し、USBエコシステムをさらにサポートしていきたいと考えています」

デジサートのエマージングマーケット担当エグゼクティブバイスプレジデントであるディーピカ・チョーハン(Deepika Chauhan)は、次のように述べています。
「デジサートは、USB-IFにPKIサービスを提供し、USB Type-C認証仕様向けのセキュアな認証を発展させることができることを嬉しく思います。
そして、USB-IFの1,000社以上のメンバー企業および業界全体と連携することを楽しみにしています」

デジサートは、証明書ベースのセキュリティプログラムを実施するIoTデバイスコンソーシアムに認められるプロバイダーであることが証明されました。
USB-IF以外にも、WiMAX Forum、CI Plus、GSMA、WinnForum/CBRS、Open Connectivity Foundation、AeroMACSといった規格標準化団体で同社のソリューションが採用されています。
その拡張性は時を経ても古びることがなく、これまでにIoTデバイス向けに数十億の証明書を世界で発行してきました。
USB Type-C認証仕様の詳細については、https://www.usb.org/sites/default/files/article_files/USB_Type-C_Authentication_PR_FINAL.pdfをご覧ください。(英語)
USB Type-CとUSB-CはUSB Implementers Forumの商標です。

【DigiCert, Inc.について】
デジサートは、コネクティッド環境向けのスケーラブルなセキュリティソリューションのリーディングプロバイダです。
Global 2000を含む革新的企業の多くは、WebサービスとIoTデバイス向けのアイデンティティと暗号化に関する専門知識からデジサートを選択しています。
デジサートは、証明書ライフサイクル管理プラットフォームCertCentralを通じて、あらゆる規模のPKI配備のためのSSL/TLSおよびその他デジタル証明書を提供しています。
デジサートは、エンタープライズグレードの管理プラットフォームの数十におよぶ受賞歴、迅速かつ博識なカスタマーサポート、市場をリードする成長で知られてきました。
デジサートの最新のニュースと更新情報については、digicert.co.jp/news/をご覧ください。

将来に関する記述:製品の今後の予定についての将来に関する記述は予備的なものであり、未来のリリース予定日はすべて暫定的で、変更の可能性があります。今後の製品のリリースや予定されている機能修正についてはデジサートが継続的な評価を行っており、実装されるかどうかは確定していません。デジサートが確言したと考えるべきではなく、購入決定の理由とすべきではありません。