ジョンソンコントロールズ、デジサートとの提携により スマートビルソリューションのデジタルトラストを強化

※本プレスリリースは、2021年5月20日にアイルランド、コークで配信されたプレスリリースの抄訳です。

  • ジョンソンコントロールズは、電子証明書プラットフォーム、DigiCert ONE(TM)に構築された DigiCert(R) IoT Device Managerを利用し、OpenBlueスマートビルソリューションに安全性の高い最先端のコネクティビティを実現します。
  • この提携により、公開鍵基盤 (PKI) やデジタルIDの導入や管理が容易になり、スマートビルのサイバーセキュリティが向上します。

スマートで健全かつ持続可能な建物を実現するビルテクノロジーのグローバルリーダー、ジョンソンコントロールズ (NYSE: JCI) は、本日、スマートビルテクノロジーへの安全で信頼性の高い最先端のコネクティビティをお客様に提供するため、電子証明書サービスとPKIソリューションの世界的プロバイダーであるデジサートと提携することを発表しました。この提携により、ジョンソンコントロールズのOpenBlueデジタルソリューションはデジサートのPKIプラットフォーム、DigiCert ONEを利用できるようになります。

ジョンソンコントロールズのエグゼクティブ・バイスプレジデント兼チーフ・カスタマー&デジタルオフィサーであるマイク・エリス氏は「この度の戦略的な提携により、当社はサイバーセキュリティ業界をリードするデジサートの最先端PKIテクノロジーを利用して、柔軟性(レジリエント)と信頼性の高いスマートビルソリューションを提供し、サイバー攻撃による業務中断という代償の大きいリスクを軽減することで、お客様に安心をお届けすることができます。健全かつ安全なスマートビルに関する当社の専門知識と、デジサートの信頼性の高いデジタルIDや自動証明書管理の技術を組み合わせれば、OpenBlueのさらなる強化を図り、スマートビルの運用における明確な優位性を確保することができます」と述べています。

ジョンソンコントロールズとデジサートのPKIソリューションによって、運用制御技術(Operational Technology: 運用技術)とIoT (Internet of Things: モノのインターネット) の分野のオペレーションを向上し、ハードウェア、ソフトウェア、通信の信頼性をスマートビルのライフサイクル全体にわたって確保することが可能になり、最新のPKIセキュリティと、電子証明書管理に関する高度な専門知識を駆使して、エコシステムの各構成要素にデバイスの認証とID、データの暗号化と完全性を提供します。

「堅固なPKIソリューションの利用によってデバイスが安全にネットワークに接続されているという信頼感を建物の所有者に与える上で、ジョンソンコントロールズは重要なリーダーシップを担っています。DigiCert ONEでは、コンテナベースのクラウドネイティブなテクノロジーによって、完全に自動化された証明書管理と柔軟な実装が実現されており、OpenBlueのエコシステムとの安全でシンプルな統合が可能になります。DigiCert ONEのIoT Device ManagerはIoTデバイスのライフサイクル全体にわたる管理を提供しているため、OpenBlueとの統合により、スマートビルの安全なデジタルトランスフォーメーションが実現します」とデジサートのIoTセキュリティ担当バイスプレジデント、マイク・ネルソンは述べています。

デジサートによる、デジタルアイデンティティや暗号化の現在および未来の展望に向けた不断の取り組みと、ジョンソンコントロールズが培ったあらゆるビルシステムにおける比類のない知見を組み合わせることで、OpenBlueは刻々と変化するサイバーセキュリティ環境下にあって信頼性の高いスマートビルソリューションを実現・維持できるようになります。

ジョンソンコントロールズは最近、OpenBlueテクノロジーのエッジデバイスにおけるコネクティビティ、セキュリティ、インテリジェンスの一層の革新を図るため、ペリオン社とも提携することを発表しました。ペリオン社のデバイス・エッジ管理機能と、デジサートのサービスを組み合わせることで、OpenBlueソリューション内のデジタルIDの信頼性を最も厳重なレベルに保つことが可能となります。

ジョンソンコントロールズのサイバーセキュリティへのアプローチについて、詳しくはhttps://www.johnsoncontrols.com/cyber-solutionsをご覧ください。IoT Device ManagerおよびDigiCert ONEについて、詳しくはhttps://www.digicert.com/jp/ideas/digicert-one/をご覧ください。

ジョンソンコントロールズについて:
ジョンソンコントロールズ(NYSE:JCI)は、人々の生活空間や職場、文教施設からエンタメ施設まであらゆる環境を変革します。スマートで健康的かつ持続可能な建物を実現するグローバルリーダーとして、建物利用者や建物環境、さらには地球環境に最適な建物のパフォーマンスを再定義することが当社のミッションです。135年以上のイノベーションの歴史を持つジョンソンコントロールズは、包括的なデジタルソリューション群であるOpenBlue を通じて、医療施設、学校、データセンター、空港、スポーツエンタメ施設、工場などの未来の青写真を提供しています。ジョンソンコントロールズは、世界150 ヵ国以上に10万人のエキスパートを擁し、業界で最も信頼されているパートナー企業とともに、ビルテクノロジー、ソフトウェア、サービスソリューションにおいて世界最大のポートフォリオを提供しています。詳細については、https://www.johnsoncontrols.com をご覧いただくか、ツイッターで @johnsoncontrols をフォローしてください。

デジサート(DigiCert、Inc.)について;
米デジサート・インク(本社:ユタ州リーハイ、代表者;ジョン・メリル(John Merrill)、CEO、非公開企業)は、認証や暗号化の為の拡張可能なTLS/SSL、IoT、PKIソリューションのグローバルリーダーです。Fortune 500企業の89%、グローバル銀行上位100行のうち97行を含む革新的な企業の多くが、WebサーバーやIoT機器の認証や暗号化の為の専門的ノウハウを求めてデジサートを選択しています。デジサートはTLS及びその他の電子証明書のライフサイクル管理プラットフォームであるCertCentral®を通じ、どのような規模の拡張にも対応できるPKI実装を支援しています。デジサートのエンタープライズ向け証明書管理プラットフォーム、迅速かつ知識豊富なカスタマーサポート、市場を牽引するセキュリティ・ソリューションは高く評価されています。
また、デジサート・ジャパンは米デジサート・インクの100%子会社です。

最近のデジサートに関するニュースや情報は、デジサートのwebサイトhttps://www.digicert.com/jp/newsroom/#pr 、もしくは@digicert(英語)をご覧下さい。