TLS サーバ証明書自動化セルフチェック

リスクありから、最新の自動化対応済みへ

これまでの自動化の取り組みを評価し、セキュリティ対応状況の改善に向けてできることをチェックしてみませんか。

TLS サーバ証明書自動化セルフチェック

チェックは 2 分で完了します。

  • 証明書管理に関する現在の取り組みを、DigiCert の自動化準備モデルと比較する
  • 現在の TLS に関する取り組みで、非効率であったり、セキュリティリスクにつながりやすい部分を特定する
  • 現在の環境に最も必要な自動化および検出プロセスについて、推奨の対策を知る
  • 現在の環境に最も必要な自動化および検出プロセスについて、推奨の対策を知る
回答はすべて機密とさせていただき、お客様のご同意なしに第三者に提供いたしません。
 

Q1. 組織で管理している TLS 証明書の数はどれくらいありますか?

1 ~ 10


11 ~ 100


101 ~ 1,000


1,000 ~

Q2. 自社環境のすべての証明書が正確に可視化されているという確信がどれくらいありますか?

確信はない


ある程度確信がある


かなり確信がある

Q2.1. そう回答した理由は何ですか?

Q3. TLS 証明書のインベントリをどれくらいの頻度で更新またはレビューしていますか?

していない


1 年に 1 回


平均して 1 年に 2 回


平均して四半期に 1 回


平均して 1 か月に 1 回

Q4. 何らかの理由で証明書の入れ替えまたは取り消しを行う場合、どれくらい迅速に対応できますか?

月単位


週単位


日単位


時間単位


分単位

Q4.1. そう回答した理由は何ですか?

Q5. TLS 証明書のインベントリはどの程度(%)自動化されていますか?

0

Q6. TLS 証明書をインストールしている環境で、セキュリティ上のリスク(鍵/暗号が弱い、TLS/SSL のバージョンが古いなど)に問題はないと、どの程度確信できますか?

確信はない


ある程度確信がある


かなり確信している

© 2021 DigiCert、Inc。無断複写・転載を禁じます。 DigiCertは、米国およびその他の国におけるDigiCert、Inc。の登録商標です。その他すべての商標および登録商標は、それぞれの所有者に帰属します。