スマートシティ

スマートグリッドの効率を最大化しながら、メーター情報、センサー、そしてシステム間で連携されるリアルタイムの通信データを保護します。
そうすることで利便性とセキュリティを両立させることができます。

お問合せ

多過ぎず、少な過ぎず。ちょうど払えるだけの身代金でした。

2018年、アメリカの大都市のインフラがSamSamと呼ばれるランサムウェアの攻撃のターゲットになりました。認証や通信の暗号化など適切な処置が施されていなかったため、ウイルスが拡散し、最終的に攻撃者は5万ドルの身代金を要求してきました。これは攻撃者にとって魅力的な報酬でありながら、攻撃された市にとっても何とか払えるだけの金額だったのです。

ネットワーク接続されたペースメーカー

スマートシティのためのあらゆる側面を網羅するセキュリティ

スマートメーターやスイッチ、そしてセンサーなどの脆弱なエンドポイントを保護する必要があります。IoT証明書を使ってデバイスやシステムまたはネットワークを認証し、そしてすべての通信を暗号化してデータの完全性を確保することで可能になります。

認証
デバイスの証明書がそのアイデンティティを検証することで、権限のあるユーザやメッセージ、またはサーバのみがデバイスにアクセスできるようにします。

暗号化
証明書があると、それをもとに暗号化された通信がやりとりされ、情報は非公開で送受信されるようになります。

データの完全性
証明書があることで、「モノ」との間で送受信されるメッセージやデータは、改ざんされないようになります。

このプラットフォームなら
すべてをまかせることができます

RESTful APIを利用した最も柔軟なIoTプラットフォームで、何十億もの証明書のプロビジョニング、発行、更新、そして失効を行うことができます。今までのIoTセキュリティとはまったく異なる操作性を、実感してみてください。

  • 証明書の鍵の安全な保管と管理
  • カスタマイズされた証明書プロファイル
  • 自動化された大量展開
  • 脆弱性のスキャンと修正の提案
  • 貴社ネットワークに関する分析とレポート
  • REST APIやウェブサービスによる自動化された証明書の発行
  • 暗号化の楕円曲線やアルゴリズム、そしてハッシュの更新

「スマートシティ」を、「セキュアシティ」にする

デジサートは、可用性と冗長性、そしてセキュリティ・コンプライアンスを最高レベルに保つために徹底して集約したインフラストラクチャの上に構築されています。

証明書は、そのデバイスの元の設定を確認するだけでなく、デバイス間でやりとりされるメッセージへの署名も行うため、そのメッセージの改ざんを防止します。

人やデバイス、そしてセンサーのアイデンティティを、IoT証明書を使って統合、整理そして管理できます。

大規模発行プラットフォームを使えば、何千もの証明書も数分で実装できます。REST APIやSCEP、またはウェブサービスを使って管理タスクを自動化すれば、時間の節約になります。

概念実証から導入、そして何百万台ものデバイスの保護まで、どんなステージからでも弊社のPKI設計担当者がお手伝いします。

必要なインフラ構成がどんなものであっても、デジサートなら柔軟なIoTソリューションをご用意しています。

お見積書、トライアル、製品資料などについて
ぜひ営業までお問い合わせください。

営業に問い合わせる