ワイルドカードは
常に用意されている
オプションです。

ワイルドカード(SANs)を証明書に追加すれば、
最大 250 のサブドメインを保護できます。

ワイルドカードSSLサーバ証明書とは?

管理が容易、かつフレキシブル。マルチドメイン(SANs)で保護されたワイルドカードは、多数のサブドメインを含む複数サイトを管理している組織にとって、最適の選択肢です。

デジサートのワイルドカードなら、証明書のコピーを任意の数のサーバーで利用できます。各証明書には、それぞれ別の秘密鍵が割り当てられます。証明書のライフサイクル中なら、ドメインが新たに追加されても、いつでもワイルドカードSANsを追加して保護することができます(追加料金は発生します)。

*.example.com
www.example.com
mail.example.com
blog.example.com

*.example.comで設定された証明書なら、www.example.comだけでなく、mail.example.comやblog.example.comなどもすべて対象になります。アスタリスクは、ここではあらゆるサブドメイン代わりに使われます。

購入方法:

1. グローバル・サーバ ID、セキュア・サーバ ID、スタンダード・サーバ ID の中から証明書を選択します。

2. 証明書利用期間を選択します。

3. ワイルドカード: 保護したい SANs(Subject Alternative Names)を入力します。*

4. 購入手続きを進めます。

* 価格は、入力された SANs の数に応じて決まります。多くなるほどコストは削減できます。

TLS/SSL 証明書の比較 

デジサートは、ほぼすべての証明書でワイルドカードとマルチドメインのオプションを利用できるようにするなど、
あらゆる TLS/SSL 証明書の柔軟性を高めています。  

スタンダード・
サーバID

基本的なセキュリティを利用することから始めましょう。お客様が必要とする証明書はすべて、業界トップのサポートにより支えられます。

  • すべての主要なブラウザで利用可能
  • 受賞歴があるカスタマーサポート

セキュア・サーバID

業界を代表するこの証明書は、DigiCert スタンダード・サーバID がもつ全ての信頼できる機能に加え下記の特徴があります:

グローバル・
サーバID

暗号化だけではない、プロフェッショナルグレードのセキュリティを提供する、最上級の証明書です。本製品は、DigiCert スタンダード・サーバID、セキュア・サーバID の機能に加えて、下記の機能を提供します:

  • デジサート スマートシール
  • 優先認証
  • CT ログモニタリング
  • アンチウイルススキャナーおよび
    マルウェアチェッカー
  • 耐量子コンピューター暗号
    ツールキット
  • DigiCert CertCentral®

お客様に合わせた
豊富な選択肢

これまで多くのお客様と長年にわたって接してきたなかで、証明書にもっと柔軟性がほしいというご要望をいただき、その声にお応えしてきました。今では、お客様のビジネスニーズに合わせて、ワイルドカードやマルチドメインなど、必要な証明書を自由に選んでいただけるようになりました。証明書の有効期間を通じて、柔軟性の高さを活用し、デジタルエコシステムを管理することができます。  

フィッシング対策協議会
SSL / TLS サーバー証明書のユースケースついて
フィッシング対策協議会
フィッシング対策ガイドライン2021年度版

お見積書、トライアル、製品資料などについて
ぜひ営業までお問い合わせください。