DigiCert® グローバル・サーバ ID
TLS/SSL 証明書

証明書を超えた保護
最高レベルの証明書

業界最高のチームによるオールインワンの 
Web サイトセキュリティとサポート

危殆化を許さない企業にふさわしい証明書

高度なセキュリティの包括的なソリューションによって、既知および将来の脅威から Web サイトを保護します。グローバル・サーバ ID には、証明書を超えた機能があります。動的なデジサートスマートシール、優先的な検証、マルウェアスキャン、CT ログモニタリング、ブロックリストチェック、不正行為チェック、耐量子コンピューター暗号ツールキットへのアクセスなど、まったく新しい機能を提供します。

360 度でアプローチする
グローバル・サーバ ID

  • CT ログモニタリング
    • CT (Certificate Transparency: 証明書の透明性) ログモニタリングは、お客様のドメインのセキュリティが指定された認証局により守られていることを保証し、そのドメインに不正な証明書が指定された場合に警告を発します。グローバル・サーバ ID は、CT ログを 24 時間 365 日監視します。
  • マルウェアチェッカー
    • 各証明書では、VirusTotal のマルウェアチェックを利用できます。70 以上のアンチウイルススキャナと URL/ドメインブロックリストサービスを使って、パブリックドメインを即座に分析できます。サイトの可用性とオンライン収益の低下につながりかねないマルウェアの脅威について、実行可能な結果から特定し、解決することができます。
  • ブロックリストチェック
    • お客様のビジネスが政府や国のブロックリストから除外されていることを確認します。さらに、お客様のセキュリティを確保するために、EV 証明書による追加チェックを行い、IT 部門の従業員の連絡先が同様のブロックリストに含まれていないことも確認します。
  • 不正行為チェック
    • お客様の組織が公開報告されている「不正行為者」リストに掲載されていないことを確認した上で信頼性の高い EV または OV 証明書を発行します。しかも、EV 証明書については最大 18 回、OV 証明書については最大 9 回の認証チェックを行い、本人確認を行います。
  • 業界最先端の保証制度
    • グローバル・サーバ ID 証明書にはすべて、お客様とお客様の顧客を保護する最大級の保証制度が付いています。お客様のビジネスには 200 万ドルの Netsure プロテクション保証、お客様の顧客には業界で最も優れた 200 万ドルの依拠する当事者保証が提供されます。

グローバル・サーバ ID

企業認証タイプの証明書に追加機能が付いて、包括的なウェブサイトのセキュリティを提供します。

アップグレード

グローバル・サーバ ID EV

最高レベルの認証に追加機能が加わり、包括的なウェブサイトセキュリティを提供します。さらにブラウザで確認できるセキュリティもついて、最大限の信頼を構築できます。

プラン(税抜き)
  • 1年間の価格 ¥138,000
    • 1年間の価格 ¥138,000
    • 2年間の価格 ¥262,200
      (1年あたり¥131,100)
    • 3年間の価格 ¥379,500
      (1年あたり¥126,500)
    • 4年間の価格 ¥483,000
      (1年あたり¥120,750)
    • 5年間の価格 ¥586,500
      (1年あたり¥117,300)
    • 6年間の価格 ¥690,000
      (1年あたり¥115,000)
  • 1年間の価格 ¥219,000
    • 1年間の価格 ¥219,000
    • 2年間の価格 ¥416,100
      (1年あたり¥208,050)
    • 3年間の価格 ¥602,250
      (1年あたり¥200,750)
    • 4年間の価格 ¥766,500
      (1年あたり¥191,625)
    • 5年間の価格 ¥930,750
      (1年あたり¥186,150)
    • 6年間の価格 ¥1,095,000
      (1年あたり¥182,500)
受賞歴があるカスタマーサポート

すべての主要ブラウザとモバイルデバイスに対応

優先認証

www.example.comとexample.comの両方を無償保護

追加料金でサブドメインも保護可能

(250まで)

(250まで)

追加料金でワイルドカード利用可能

  

CT ログモニタリング

CertCentral Manager アプリを利用可能

CertCentral Manager appによるServiceNow統合

70以上のアンチウィルス・スキャナーがついたマルウェア・チェッカーや、URLとドメインのブラックリストサービスへの迅速なアクセスで、マルウェアを素早くチェック

脆弱性アセスメント/PCI コンプライアンススキャン

NetSure プロテクション保証

200 万米ドル

200 万米ドル

最も包括的な証明書管理プラットフォーム、デジサートCertCentralアカウント


エンタープライズオプションも利用可能


エンタープライズオプションも利用可能

技術仕様
  1. 標準X.509証明書
  2. 256bit対称暗号
  3. 2048bit公開鍵暗号(3072bitと4096bitも可能)
  4. 無償のコモンネーム変更と再発行
  5. RSAの公開鍵とSHA-2アルゴリズム(サポートするハッシュ関数:256bit、384bit、512bit)
  6. ECCの公開鍵暗号(サポートするハッシュ関数:256bitと384bit)

複数年プラン

最大 6 年間お客様の Web サイトを保護し、以下の特典をご利用いただけます。
詳細はこちらをご確認ください。

 

年数に応じた
コスト削減

一貫した
カバレッジ

シンプルな
認証と
インストール

ワイルドカードSSLサーバ証明書とは?

管理が容易、かつフレキシブル。マルチドメイン(SANs)で保護されたワイルドカードは、多数のサブドメインを含む複数サイトを管理している組織にとって、最適の選択肢です。

デジサートのワイルドカードなら、証明書のコピーを任意の数のサーバーで利用できます。各証明書には、それぞれ別の秘密鍵が割り当てられます。証明書のライフサイクル中なら、ドメインが新たに追加されても、いつでもワイルドカードSANsを追加して保護することができます(追加料金は発生します)。

*.example.com
www.example.com
mail.example.com
blog.example.com

*.example.comで設定された証明書なら、www.example.comだけでなく、mail.example.comやblog.example.comなどもすべて対象になります。アスタリスクは、ここではあらゆるサブドメイン代わりに使われます。

デジサートは世界の
電子商取引の81% を保護

世界有数の大手銀行の 97% と、グローバル 2000 企業の 80% が、信頼性の高い EV および OV 証明書で保護されています。今日のデジタル経済ではあまりに多くのことが危険にさらされているため、信頼、革新、支持、CA リーダーシップを理由にデジサートを選ぶグローバルリーダーが増えています。

CertCentral でサイトの
セキュリティを管理

グローバル・サーバ ID 証明書にはすべて、DigiCert® CertCentral アカウントが付属しています。CertCentral は、証明書の追跡、発行、更新、再発行、さらには自動化を可能にして証明書の管理を簡素化するので、期限切れの近い証明書について気にする必要はなくなります。しかも、CertCentral を使えば、1 つのプラットフォームから、ネットワーク上のあらゆる証明書を検出し、分析することができます。詳細を見る

耐量子コンピューター
暗号を備えた
グローバル・サーバ ID

量子コンピューティングが普及すると、従来の標準的なRSA暗号やECC暗号は確実に解読されます。もはや問題はそのXデーがいつ訪れるかということだけです。お客様が新たな脅威に備えられるよう、デジサートは業界として初めて、耐量子コンピューターセキュリティのハイブリッド証明書を一般に提供しています。量子コンピューター時代には、先手を打つことが何より重要であるためです。

関連資料

データシート
TLS/SSL サーバ証明書製品ガイド
ホワイトペーパー
暗号の歴史
データシート
Discovery and Automation
フィッシング対策協議会
SSL / TLS サーバー証明書のユースケースついて
フィッシング対策協議会
フィッシング対策ガイドライン2021年度版

お見積書、トライアル、製品資料などについて
ぜひ営業までお問い合わせください。