量子コンピューター時代に向けたセキュリティの準備はできていますか?

デジサートは、世界で初めてのコンセプトである耐量子コンピューター暗号 (PQC)成熟度モデルを提案します。 量子コンピューター革命が起こる前に組織のネットワークとデータ資産の保護をどのようにすべきか考慮しておきましょう。

レポートをダウンロードする

量子コンピューティングはすべてを変える

現在の技術では、2048ビットの暗号を解読するために数千年かかると推定されています。有能な量子コンピューターは、おそらく数ヶ月でそれを行うことができます。業界は、耐量子コンピューター後の世界に単純に追いつく費用的余裕はありません。テクノロジーに先んじていなければ、ギャップを埋めることはできません。

それは今ですか。そうでなければいつ?

現在の暗号アルゴリズムを解読できる安定した計算が実現される時期については決まったスケジュールはありませんが、ほとんどは7〜10年以内であると想定しています。それがもたらす潜在的な脅威については、この分野の研究の急速な進歩に基づいて、それがより早まることも想定しなければなりません。

順調なスタートを切っています

DigiCertは、 米国商務省標準化技術研究所(NIST) 耐量子コンピューター暗号プロジェクトなど、いくつかのPQCイニシアチブで主要な役割を果たしています。企業が弊社のR&Dを活用できるように、またプロセスを高速化するために、ユーザーがハイブリッドRSA / PQC証明書を試すことができるPQCテストキットを開発しました。(2019年11月28日現在:英語版でのご提供となり、申し込み後の対応も英語となります。)

耐量子コンピューター暗号に関する調査、2019 年度版をダウンロードする。

あなたはどのくらい準備できていますか?