セキュリティ 101 11-24-2021

シニア世代向けサイバーセキュリティ ~ この感謝祭にあなたのご両親のセキュリティを強化するための7つのステップ

Dean Coclin

感謝祭のディナーでは、どうしても気まずい家族の会話が伴いますが、シニア世代の家族との会話の中で、サイバーセキュリティの話をしてみてはいかがでしょうか。シニア世代は無防備な状態であることが多いため、フィッシング詐欺やサイバー攻撃の標的になることがあります。実際、FBIの発表によると、2020年のサイバー犯罪の苦情の4件に1件は、60歳以上の被害者によるものでした。その結果、約10億ドルの損失が発生し、例年より30%増加しました。

家族の誰もが、あなたの技術サポートを求めているのであれば、今のうちに良いセキュリティ習慣を教えておくことは、長期的には時間の節約になります。家族が侵害に直面した場合、解決のためにあなたの助けが必要になります。その時には、経済的な損失やデータの損失に直面する可能性があります。今のうちに危機を防いでおいたほうがいいでしょう。

シニア世代の方々が、オンライン上で自身を守ることを学んでもらうのにこれほど良い時期はありません。セキュリティの高いデバイスを使用し、ウイルス対策ソフトをインストールしていても、たった一つの不適切なパスワードが命取りになる可能性があります。シニア世代に向けたサイバーセキュリティは難しいと思われるかもしれませんが、いくつかの簡単な手順と教育でほとんどの攻撃を防ぐことができます。

ここでは、シニア世代向けのサイバーセキュリティを設定するための簡単な7つのステップをご紹介します。

  1. 強力なパスワードの選択を手伝ってあげましょう
  2. シニア世代の方には、玄関の鍵をかけるのと同じように、デバイスやアカウントをロックするようにお勧めします。錠前の違いと同じように、パスワードにも効果的なものとそうでないものがあります。万が一、デバイスを紛失したり盗まれたりしても、強力なパスワードがあればアクセスできません。強力なパスワードを作るためのデジサートのヒントを以前の記事で読んでください。

    また、シニア世代のご家族が管理しなければならないパスワードの数に応じて、パスワードマネージャーを勧めることもできます。パスワードマネージャーは、覚えておかなければならないことを簡素化します。すべてのものに異なるパスワードを設定する代わりに、ログオンするための安全なパスワードを1つだけ設定すればよく、それ以外のすべてのものに安全なパスワードを生成することができます。パスワードマネージャーはすべてに使えるわけではありませんが、オンラインでのログインを簡単にしてくれます。パスワードマネージャーは複数のデバイスで使用することができ、パスワードは他の人と共有することもできるので、自分のアカウントでご両親のパスワードを見ることもできます。

  3. パスワードを保護することを教えてあげましょう
  4. また、書き留めたパスワードをパソコンの周りに置かないように教えてあげましょう。多くのシニアは、記憶力を補うためにパスワードを書き留めたいと思っていますが、それは攻撃者がログインするのに役立つこともあります。どうしてもパスワードを書き留めておきたい場合は、せめてデスクトップに付箋を貼らないように勧めてください。パスワードは、本人が覚えていて、あなたと本人だけが知っている安全な場所に書き留めておきましょう。

  5. フィッシングを防ぐ方法を教えてあげましょう
  6. シニア世代は特に、詐欺メールや電話、ソーシャルメディアのアカウントに巻き込まれやすい傾向があります。正規のものかどうかわからない場合は、リンクをクリックしたり、ダウンロードしたりしないように教えてください。その代わりに、正規のウェブページやアカウント、カスタマーサポートに直接連絡することを勧めてください。

    フィッシングを見分けるもう一つの簡単な方法は、タイプミスや間違った文法です。メールの中でAmazonのスペルが "amzon.com "になっていたら、それはフィッシングの疑いがあります。また、緊急性のあるメール、お金を要求するメール、銀行口座や税金に関する問題を報告するメールなどは、シニア世代に、よく考えてから返信することを教えましょう。IRS(アメリカ合衆国内国歳入庁)が、消費者にメールやテキスト、ソーシャルメディアでメッセージを送ることはなく、電話で即時支払いを要求することもありません

    フィッシングについて覚えておくべきことがあるとすれば、メッセージに少しでも疑問を感じたら、それを削除するか、その正規の組織に直接連絡を取るべきだということです。

  7. 良いアンチウイルスプログラムをインストールしてあげましょう
  8. マルウェア(コンピュータに悪影響を及ぼす可能性のあるプログラム)は、シニア世代にとって、最も一般的なサイバーセキュリティ上の脅威の1つです。マルウェアは、知らないうちにデバイスに感染することが多く、深刻な脅威から些細な迷惑行為まで様々な結果をもたらします。優れたアンチウイルスプログラムは、あらゆる種類のマルウェアをリアルタイムでブロックすることができます。アンチウイルスプログラムの中には、パスワードマネージャー、アンチフィッシングツール、VPNなどが付属している場合もあります。どのアンチウイルスプログラムが自分に合っているのか、シニアの方と相談してみましょう。

  9. ウェブサイトの正当性の確認方法を教えてあげましょう
    • アドレスバーの鍵マークが表示されている
    • httpsプロトコルが有効になっている
    • NortonやDigiCert Smart Sealのようなサイトシールが掲載されている
    • プライバシーステートメントが公開されている
    • 事業者の連絡先が公開されている
  10. オンラインショッピングやソーシャルメディアを閲覧する際、シニア世代は特に、偽サイトや偽アカウントの被害に遭いやすい傾向があります。情報を共有したり、ウェブサイトから購入したりする前に、シニア世代は信頼性の指標を確認する必要があります。例えば、以下のようなものです。

    少しでも、不審な点がある場合は、そのサイトで購入したり、情報を入力したりしないように教えてください。例えば、あまりにもお得な情報は、おそらく本物ではないでしょう。詳しくは、「偽装サイトの見分け方」をご覧ください。

    図2:デスクトップのChromeで、安全なサイトと安全でないサイトがどのように見えるか。

  11. アップデートの自動インストール設定をしてあげましょう
  12. ソフトウェアを更新することで、現在の脆弱性を防ぐことができます。ソフトウェア開発者は、既知の弱点を防ぐためのアップデートを頻繁に送ってくるので、攻撃者がそれを利用する前に、すぐにインストールするのが賢明です。コンピュータや機器にソフトウェア・アップデートを自動的にインストールするように設定することは、プログラムを最新の状態に保つ最も簡単な方法です。ポップアップ広告や電子メールからのアップデート要求は、実際にはマルウェアである可能性があります。そのため、アップデートが自動的にインストールされるように設定しておけば、マルウェアが含まれている可能性のあるアップデート要求をクリックする必要はありません。

  13. ログアウトすることを教えてあげましょう
  14. アカウントやデバイスからログアウトするだけで、シニアのセキュリティを守ることができます。図書館のような公共のコンピュータでは、アカウントにログインしたままにしないことを教えてあげてください。自宅でも、毎回ログアウトしたくなるかもしれません。パスワードマネージャーをつかうことで、毎回のログインを容易にすることができます。

    今年のホリデーシーズン、シニア世代の親戚からコンピュータのサポートを頼まれたら、彼らがウェブセキュリティのベストプラクティスに従っているかどうかを確認してみましょう。リスクが比較的低くても、サイバー攻撃は深刻な結果をもたらします。今、シニア世代の方々に良いセキュリティ習慣を身につけていただくことで、将来的に時間と手間を節約することができます。

UP NEXT

特集記事

デジタルトラストは IT の重要課題

04-13-2022

DigiCert CertCentral® の機能強化でさらに詳細な検出、ドメイン一括認証、その他が可能に

進化する脅威からデジタルプラネットを保護する