10-01-2015

期限切れの中間CA証明書をSSL証明書チェーンから削除する方法

2015年9月30日午後12時15分に、古く長い間使用されていなかったデジサートクロスサイン証明書が失効し、一部のユーザーに「信頼できない証明書」エラーが発生しました。

この問題は、一般的に、使用されなくなり不要となった古い中間CA証明書がローカルにインストールされていることに関連しています。この問題は、ローカルにキャッシュまたはインストールされた期限切れの中間CA証明書のコピーを持つすべてのクライアントプラットフォームに影響を与える可能性があります。

期限切れの古い中間CA証明書に関する情報

問題となっている期限切れの証明書は、「DigiCert High Assurance EV Root CA」[有効期限2015年9月30日]証明書です。この一時的な中間CA証明書は、古いデバイスの互換性チェーンの一部として過去数年間使用されていました。

期限切れの中間CA証明書は、サーバ側、それともブラウザ側にありますか?

エラーが発生している場所を特定するには、DigiCert SSLインストール診断ツールを使用します。サーバの名前を入力し、「Check Server」をクリックします。クロスサイニングされた中間CA証明書(有効期限:2015年9月30日)が証明書チェーンに表示されていれば、問題はサーバ側にあります。チェーンに中間CA証明書がない場合は、ブラウザ/クライアント側に問題があると考えられます。

期限切れの中間CA証明書を修正する方法

サーバ側で期限切れの中間CA証明書を削除する方法

期限切れの証明書の削除方法(ブラウザ側)

期限切れの証明書の交換方法

一般的に、このクロスチェーンは必要ありません

他のOSで問題が発生した場合は、テクニカルサポートまでご連絡ください。詳細を把握し、他のユーザー向けにキャッシュされた中間AC証明書エラーを解決するためのドキュメントを更新いたします。

この問題やその他の問題についてサポートが必要な場合は、当社のサポートチームがいつでもお手伝いいたします。

UP NEXT

このサイトで買うべきでしょうか?ウェブサイトが安全かどうかを確認する方法

特集記事

デジサート2021年 情報セキュリティ予測

blog-card-images
09-20-2019

IDCの新しい調査で、エンタープライズセキュリティへのPKI 利用の増加傾向が明らかに

米国科学アカデミーによるレポート:量子コンピューティングに関するDigiCertの見解