2021年PKI自動化の現状レポート

今年、PKI自動化の導入を計画している企業の数はこれまでになく増えています。あなたの組織では準備ができていますか?

PKI(公開鍵基盤)は、テクノロジーのあらゆる側面における中核を成していると言っても過言ではありません。PKIはユーザー認証、署名、サーバー、デバイス、IoT、DevOpsアプリケーション/サービス、電子文書のドキュメントサイニングなどで欠かせないものになっています。しかし、PKIを手作業で管理することは急速にほぼ不可能な状況になりつつあります。テキサス州ダラスのReRez Researchは、企業がこうした課題にどのように対処しているか、現状を把握するため、世界的な企業400社でPKIの管理を担当するITマネージャーを対象に調査を実施しました。その結果は以下のとおりです:

セキュリティに関する問題の増加

  • PKI自動化を採用していない企業は、不適切な証明書、予期せぬダウンタイム、生産性の低下、セキュリティの遅延、コンプライアンスの問題、ITスタッフの過重労働、顧客の喪失、収益の喪失といったさまざまな問題に直面しています

膨大な数の接続済み証明書

  • 本調査の標準的な企業は現在、50,000以上の証明書を管理していることがわかりました

  • 37%の企業が証明書の管理を3つ以上の部門で行っており、これが混乱を引き起こしています

PKI自動化は、2021年の重要な目標です

  • 70%の企業はPKI自動化ソリューションについて今後12カ月以内の導入を見込んでいます

  • 25%の企業はPKI自動化ソリューションを既に実装中、もしくは実装済みです

自己評価のパラドックス

  • PKI管理について最も強く懸念している企業は、客観的に見て他社より問題が少ないにもかかわらず、自社を低く評価していました

PKI自動化が先導する2021年のセキュリティ優先事項

インフォグラフィックで詳細を確認

2021年が急速にPKI自動化の年となりつつある理由と、PKI証明書の手動管理によって生じる共通の問題と懸念を解消するために各企業が実現したいと考えていることを確認できます。

以下に情報を入力してください 自動化の専門家と話す

[送信]をクリックすると、DigiCert、Inc。またはその関連会社がDigiCertに従ってデータを処理することに同意したことになります。 個人情報保護方針.

© 2021 DigiCert, Inc. All rights reserved. DigiCertは米国およびその他の国における登録商標です。その他の商標および登録商標はすべて、それぞれの所有者の所有物です。