Rob Van Kranenburg

Rob van Kranenburg(1964 年生まれ)は、IoT Council の創設者です。EU のプロジェクト「Tagitsmart」と「Next Generation Internet」でエコシステムマネージャーを務めており、『The Internet of Things.A critique of ambient technology and the all-seeing network of RFID, Network Notebooks 02, Institute of Network Cultures』という著書があります。Bricolabs の共同創業者であり、Christian Nold との共著として『Situated Technologies Pamphlets 8: The Internet of People for a Post-Oil World』を執筆しました。また、『Enabling Things to Talk: Designing IoT solutions with the IoT Architectural Reference Model』(Springer Open Access)の共同編集者でもあります。現在は、SmartCitiesWorld Advisory Board に所属しており、The European Research Cluster on the Internet of Things で、AC04 – IoT Hyper-connected Society of the IERC の議長を務めています。The IoT Asia 2017 International Advisory Panel(IAP)にも名を連ねています。

N Stories

特集記事

デジサート2021年 情報セキュリティ予測

blog-card-images
09-20-2019

IDCの新しい調査で、エンタープライズセキュリティへのPKI 利用の増加傾向が明らかに

米国科学アカデミーによるレポート:量子コンピューティングに関するDigiCertの見解