ワクチンパスポートは、デジタルアイデンティティをどのように変えることができるか

トリップアドバイザーによると、アメリカ人の3分の2が2021年の夏に旅行を計画しています。それは不思議ではありません。2020年以降、多くの人が十分な休息を取る準備をしています。しかし旅行はまだパンデミック前の方法に戻っていません。旅行の準備をする人が増えている中、ワクチン接種の証明、COVIDテストの陰性結果、または何らかのワクチンパスポートを要求する場所もあります。

この夏、旅行を予定されている方は、一部の国で採用されているワクチンパスポートについて聞いたことがあると思いますが、次の休暇にワクチンパスポートが必要かどうか気になるところです。また多くの旅行者は、自分の医療情報を第三者に提供することに懐疑的ですが、それは当然のことです。ワクチンパスポートでデジタルアイデンティティを安全に保つことは、安全な導入の鍵となります。

世界のワクチンパスポート

最終的な目標は、世界のどこでも通用する統一されたパスを持ち、デジタルIDを安全に保つことですが、現実には、多くの政府やその他の団体が独自のバージョンのワクチンパスポートを試行しています。ニューヨーク州では、ブロックチェーン技術を使ったアプリで、ワクチンやCOVIDテストの陰性証明を示す「Excelsior Pass」を導入しています。欧州では、7月から「EUデジタルCOVID証明書」を大陸全体に展開する予定です。イスラエルでは、住民は「グリーンパス」をデジタルアプリまたは物理的なカードとして使用することができます。中国ではWeChatを使ってワクチンパスポートを追跡していますし、小さな国であるバミューダでも観光や大規模な集会を可能にするためにSafeKeyを導入しています。国際航空運送協会のTravelPassや国際商工会議所のAOKPassなど、商業的な取り組みの中には、それぞれのコミュニティのニーズに合わせたものがあります。

その一方で、米国のいくつかの州では、商品やサービスを利用する際にデジタル・ワクチンパスポートを要求することをすでに禁止しています。米国では、現時点では連邦政府によるワクチンパスポートの計画はありませんが、だからといって、米国の旅行者が渡航する際にワクチン接種の証明書を提出する必要がないというわけではありません。観光客を歓迎している国もありますが、入国にはそれぞれの条件があります

物理的なものからデジタルへ

パンデミックの影響で、リモートワークやオンラインショッピング、さらにはデジタル・ワクチンパスポートなど、私たちの生活のほぼすべての面でデジタルトランスフォーメーションが進んでいます。ワクチンパスポートは新しいアイデアではありません。世界保健機関(WHO)では、1930年代から主治医が署名するCarte Jaune(イエローカード)をワクチン接種証明の国際基準として使用しており、現在でも、黄熱病、風疹、コレラなどのワクチンに使用されています。しかし、Carte Jauneは物理的な紙であり、紛失しやすく、偽造も不可能ではありませんでした。

そのため、提案されているワクチンパスポートの多くは、Cart Jauneを紛失や偽造が困難なデジタル版に更新しようとしています。しかしデジタル化を進めると、デジタルアイデンティティを保護するという課題も出てきます。データが盗まれたり、プライバシーが侵害されたりする危険性があり、また、一部の人にとってはアクセス性に問題が生じる可能性もあります。

もちろん、ワクチン接種を証明するためにCarte Jauneを使い続けることもできますが、偽造が容易で、旅行者が紛失する可能性も高く、渡航許可を得られずに他国で足止めにあう可能性もあります。米国の白いワクチン接種カードでは、すでに偽造が蔓延していますが、デジタル・ワクチンパスポートがあれば、それを抑制することができます。

ワクチンパスポートをPKIで保護する方法

デジタル・ワクチンパスポートを有効なものにするためには、ユーザーのプライバシーやデータのセキュリティを確保する必要があります。公開鍵基盤(PKI)技術を用いれば、ワクチンパスポートにどの医療機関が発行したかを示すデジタル署名を施し、内容を改ざんできないようにすることができます。これは、ワクチンパスポートが紙にQRコードとして印刷されていても、スマートフォンに携帯されていても、アプリの一部であっても有効です。最適に設計されたワクチンパスポートには、保有者を識別するための最小限の個人情報しか含まれておらず、パスポートの詳細を送信するのではなく、PKIベースの署名を検証するためにのみ通信が行われます。最良のスキームは、プライバシーに配慮したもので、ワクチン接種の状況を表示することは、完全に所持者の管理下にあり、追跡や集計に使用されるべきではありません。EUやWHOなどのさまざまな団体が、異なるワクチンパスポート・スキームの相互運用性のための国際基準の策定に取り組んでいます。

ワクチンのデジタルパスポートは未来のもの

ワクチンパスポートが有効になれば、旅行者に安心感を与え、到着時の検疫が不要になり、旅行がより身近なものになります。現在、各事業者が独自のソリューションを開発していますが、物理的なものからデジタルなものまで、様々な人々が、様々なワクチンパスポートを持っている場合、国境で混乱が生じます。

効率化されたデジタル・ワクチンパスポートができれば、よりスムーズでスピーディーな旅行が可能になりますが、それには数十年かかるでしょう。グローバル・パスポート・システムの構築には50年の歳月を要し、デジタル・ワクチンパスポートにはプライバシーとセキュリティの必要性が加わっているため、グローバル・デジタル・ワクチンパスポートが利用できるようになるまでには時間がかかる可能性があります。その時にはCarte Jauneの代わりになるかもしれません。

UP NEXT

PKIを利用してIoTデバイスをクラウドで保護する理由

特集記事

VMC Blog Featured Image

ユーザーの受信トレイに貴社のロゴを表示する:VMC GMAIL PILOTから学べるヒント

デジサートのPKIオートメーション調査から見えてきた3つのこと

証明書のピンニングはやめましょう