PKI 06-21-2021

デジタル署名を安全にするもの

デジサート

この1年の間に、リモートワークの推進によって、デジタルトランスフォーメーションのプロセスを加速させる組織が増えてきました。デジタル文書署名(個人または組織が文書に電子署名を加えるプロセス)は、手書きの署名の必要性を排除することで、ビジネスの継続性を生み出しています。これらの電子署名により、当事者はいつでもどこでも署名することができるため、時間の節約、組織の競争力強化、顧客満足度の向上につながります。

実際、パンデミックの結果、多くのビジネスプロセスが良い方向に変化しましたが、適切なセキュリティがなければ、デジタルトランスフォーメーションは攻撃や潜在的なサービス障害に対して脆弱になります。デジタル署名は、手書きの署名に比べて利便性が高く、正しく行えば、契約書や合意書などの文書に署名する際の信頼性を確保するために、さらに安全性を高めることができます。

しかし文書を開いて署名を加えただけでは、安全性を確保することはできません。デジタル署名を安全に行うためには、国内外の規制に対応し、文書を暗号化して安全に保管できるデジタル文書署名サービスが必要です。

電子文書署名サービスを利用する理由

ビジネスを行う個人や組織にとって、当事者間の信頼を確保することは非常に重要です。対面でのやりとりが減ってきているため、特にペーパーレス化が進む中で、契約書を安全にやりとりするためには、署名付きの文書に信頼性と検証を持たせる必要性が高まっています。

文書署名ソリューションを活用すれば、対面でのやりとりや手書きの署名を必要とせず、信頼と安心を築くことができます。さらに法的拘束力があり、手書きの署名と同等と認められる書類に署名することができるのは、認定を受けたプロバイダーのみです。

デジタル文書の署名サービス

  • 手書きの署名が不要になります。
  • いつでも、どこでも、どんなデバイスでも署名が可能です。
  • 組織が大量に署名し、個人が安全に署名するための検証済みアイデンティティを提供します。
  • 国によっては法的な拘束力があります。
  • すべてのドキュメントタイプの署名に使用できます。
  • 一般的には、本人や公証人が手書きで署名するよりも迅速に行うことができます。
  • セキュリティも万全です。
  • 印刷や郵送による環境への影響を低減します。
  • コストとヒューマンエラーを削減します。
  • 組織の競争力が向上させます。
  • お客様の満足度と体験を高めます。

法的拘束力のある署名を必要とするあらゆる業界、保険、不動産、金融、医療、教育、遠隔地でビジネスを行う組織など、デジタル文書署名を利用することができます。

PKIによるデジタル文書署名の安全性

遠隔地や異なる場所にいる相手と仕事をする場合、文書や契約書が安全に転送され、誰と取引しているかを確認できることが重要です。デジタル文書の署名を安全に行う最も確実な方法の一つは、送信者の身元と真正性を証明し、文書の改ざんを防止する公開鍵基盤(PKI)技術です。

PKIでは、デジタル署名はメッセージの暗号化されたハッシュであり、あなたの公開鍵のコピーを持っている人だけが復号できるものです。これにより、文書の内容が改ざんされることなく、送信者を確認することができます。スキャンされた署名や入力された署名とは異なり、PKIで保護されたデジタル署名は、偽造することが、事実上不可能です。

文書に法的拘束力を持たせるために、文書署名ソリューションは政府の厳しい基準に準拠していなければなりません。 デジサート は、Qualified Trust Service Provider (QTSP)として認定されています。これは、最高レベルの電子署名であるQualified Electronic署名 のための適格な電子証明書を提供することができると認定されていることを意味します。適格な電子署名は、eIDAS規制(No.910/2014)の要件を満たしており、手書きの署名と法的に同等のものとして世界中で認められています。実際、その信頼度は非常に高く、認定された体制は、世界中の電子ID、電子署名、および認証局の監督の基準となっています。さらに特定の業界では、HIPAAなどの規制があり、署名された文書が準拠していることを保証するために監査証跡が必要となります。

DigiCert® Document Signing Manager による文書の署名

デジサートは、PKIのグローバルリーダーとして、デジタル文書署名のための簡単なオールインワンソリューションである文書署名マネージャを開発しました。 Document Signing Managerを使用することで、組織は、EUの最高の法的基準を満たす信頼性の高い電子署名ソリューションを、現地の専任リソースと専門知識とともに、より高いレベルで得ることができます。さらに、世界のどこにいても、デジサートはあなたのユースケースに合った署名ソリューションを提供します。

Document Signing Managerは、EUのeIDAS、スイスのZertES、Adobe Approved Trust List(AATL)の技術要件など、厳しいグローバルスタンダードに準拠した電子署名を実現します。さらに、クラウドソリューションであるため、ハードウェアに投資する必要がなく、消費した分だけ支払うことができます。

Document Signing Manager は、いつでも、どこでも、どんなデバイスでも、安全で法的拘束力のあるデジタル文書の署名を可能にすることで、組織のデジタル変革を支援するクラウドベースのソリューションです。 Document Signing Managerを使用する組織は、改ざんを防ぐために暗号化され、身元を確認するために認証された自然人および法人のためのデジタル署名を作成し、自動化することができます。

デジタル文書署名は、手書きの署名の必要性を排除し、コスト削減、時間短縮、そして環境への影響を小さくすることができます。DigiCert Document Signing Managerは、ハードウェアやソフトウェアに追加投資することなく、さまざまなファイル形式で大量のドキュメントを簡単に管理することができます。

詳細はdigicert.com/jp/signing/document-signingでご確認いただくか、jpn-info-pki@digicert.comまでご連絡ください。

UP NEXT
アイデンティティ

ワクチンパスポートは、デジタルアイデンティティをどのように変えることができるか

5 Min

特集記事

デジタルトラストは IT の重要課題

04-13-2022

DigiCert CertCentral® の機能強化でさらに詳細な検出、ドメイン一括認証、その他が可能に

進化する脅威からデジタルプラネットを保護する