モノのインターネット (IoT) 07-27-2021

電気自動車の充電を安全にする鍵

Mike Nelson
blog-card-images

パンデミック前、電気自動車(EV)の販売台数が初めて200万台を突破しました。OEMベンダーは最新モデルを提供するために数十億ドルを投資しており、パンデミックによって消費者の習慣が変わったにもかかわらず、EVの需要は依然として拡大しています。世界の多くの市場では、今後10年間でEVの販売台数が急激に増加すると予測されており、充電ステーションも同様に増加すると考えられます。これを見越して、ジョー・バイデン米大統領は、2030年までに全米で50万カ所の充電ステーションを設置することを目標としています。一方、米国では現在、42,000カ所の公共充電ステーションがあります。

しかし、これらの充電ステーションを保護し、利害関係者間で安心と信頼を提供する必要性も全ての市場で高まっています。インターネットに接続されているものにはすべて、サイバーセキュリティ対策が必要です。この記事では、PKIが安全なEV充電のために、最適なソリューションである理由をご紹介します。

EV充電ステーションのセキュリティリスク

EVの人気が高まる一方で、サイバー脅威も高まっています。研究者たちは、EV充電ステーションに暗号化の欠如や認証の欠如などの既知の脆弱性を発見しました。2020年には、エンジニアのグループが低コストのなりすまし装置を使って、EVの充電を阻止することができました。電気の流れをコントロールするだけでなく、個人情報の盗難、データの改ざん、マルウェアなども脅威となります。さらに、これらの脅威は、車両自体だけでなく、ステーション、充電ポイントの運営者、さらには配電システムの運営者をも危険にさらす可能性があります。

また、EV充電システムには、セキュリティだけでなく、自動運転を望む消費者のために、シームレスな操作性が求められます。お客様は、時間がかかることや認証情報の再入力を望んでいません。このように、シームレスな接続を実現することが、EV充電ステーションの合理化にもつながります。

最後に、EV充電ソリューションは、OEM、充電器メーカー、規制当局、消費者、公益事業者などの関係者に信頼を与えるものでなければなりません。安心してEV充電システムを利用するためには、利害関係者間の信頼関係を築くことが不可欠です。

自動車の台数が増え、EVの脅威が増すと、EV業界が脆弱となる最悪の事態が発生します。その事態に対する完璧な解決策となりうるのがPKIです。

EV充電にPKIを導入する理由

PKIは、複数の業界関係者間の信頼、シームレスな相互運用性、およびセキュリティを提供することで、EV充電ステーションのあらゆるニーズに対応します。PKIは、強力な相互認証、支払いの完全性、エネルギーの安全な分配、安全な無線アップデート、利害関係者間の信頼、そして最終的にはEV充電ステーションが必要とするシームレスな相互運用性を提供します。

ユーザー認証からデータの完全性まで、PKIはEV充電プロセスをエンド・ツー・エンドで保護することができます。PKIを使用すると、ステーションと車両の間で転送されるデータを暗号化し、ファームウェアの更新や充電処理の完全性を維持することができます。さらに、PKIは、ステーションと車両、ネットワーク、サービスプロバイダー、さらにはステーション間の認証も可能で、プラットフォームを超えた信頼を提供します。

PKIは、利害関係者間の接続性と信頼性を提供しながら、複雑化する脅威からEV充電を保護することができます。

PKIの世界的リーダーであるデジサートは、EV充電用のPKIに関する、グローバルなインフラを設計・開発することを依頼されました。2年前、デジサートは、パートナーであるEonti社とChargePoint社と共同で、現行規格であるISO 11518の欠点を指摘するホワイトペーパーを作成しました。それ以来、デジサートは、SAE(Society of Automotive Engineers)に選ばれ、業界をリードするOEM企業と共同でEV充電用のPKIセキュリティソリューションを開発してきました。業界がEV充電の安全性を確保するためのより良いソリューションを求めている中、デジサートは、グローバルに展開するソリューションの構築と設計を任されました。デジサートは、増え続けるPKIやデバイスのネットワークを簡単に管理できるDigiCert® IoT Device Managerなどの既存のソリューションも活用し、新しいソリューションの革新を続け、このビジョンを実現していきます。

DigiCert® IoT Device Manager

IoT Device Managerは、企業が製造時やエッジで、証明書ベースのセキュリティを使用して、IoTデバイスを管理するための包括的で自動化されたワークフローを提供します。接続されたデバイスのネットワークに必要な拡張性、柔軟性、制御性、および効率性を提供します。管理者は、証明書のライフサイクル全体を監視し、安全な更新を容易にし、証明書内のデバイスに関するメタデータをカスタマイズし、コンプライアンスを維持することができます。

IoT Device Managerは、自己管理型のPKIを構築・維持するのではなく、PKIの展開を自動化することで、大規模なデバイスネットワークを容易に管理することができます。管理者は、アクセスの許可と制御をカスタマイズして、異なるユーザーグループの管理をセグメント化することができます。IoTデバイスマネージャーは、DigiCert ONE™の一部であるため、厳しい要件やカスタム統合、エアギャップ(ネットワークからの隔離)のニーズに合わせて、オンプレミス、国内、クラウドで柔軟に展開することができます。

詳細については、安全なEV充電に関する詳細なウェビナーをご覧いただくか、digicert.com/jp/iot/iot-device-managerをご覧いただくか、jpn-info-pki@digicert.com までメールでお問い合わせください。

UP NEXT
コードサイニング

ホワイトハウスのサイバーセキュリティ大統領令のビジョンを実行に移す

5 Min

特集記事

デジタルトラストは IT の重要課題

04-13-2022

DigiCert CertCentral® の機能強化でさらに詳細な検出、ドメイン一括認証、その他が可能に

進化する脅威からデジタルプラネットを保護する