01-24-2022

デジサート、IoTサイバーセキュリティプロバイダーのMocanaを買収

digicert

-- Mocanaのソフトウェアを統合し、エンドツーエンドの包括的なIoTセキュリティ・プラットフォームを提供、IoTデバイスのメーカーや事業者の市場投入までの時間を短縮—

デジサート・ジャパン合同会社(本社:東京都中央区、代表者:カントリーマネージャー平岩義正)は本日、米デジサート・インク(本社:ユタ州リーハイ、代表者:ジョン・メリル(John Merrill)CEO、非公開企業、以下デジサート)が2022年1月13日に、Clearlake Capital Group.L.P.(以下「Clearlake」)、Crosspoint Capital、およびTA Associatesの支援のもと、IoTのサイバーセキュリティプロバイダーであるMocana(モカナ)社を買収したことを発表しました。デジサートとMocanaの技術を組み合わせることで、IoTのメーカーや事業者は、IoTデバイスのライフサイクル全体にわたりセキュリティを管理するための包括的なプラットフォームを手に入れることができます。本買収の詳細な条件は公開されていません。

今回の買収は、急成長するIoT市場におけるデジサートのプレゼンスを戦略的に加速させるものです。IDCは、コネクテッドデバイスの数は 2025 年までに 550 億を超え、業務効率化、デジタルトランスフォーメーション、競争上の差別化を達成するためのIoTプラットフォームへの組織的な投資が成長の原動力になると予想しています。

デジサートのCEOであるジョン・メリル(John Merrill)は、次のように述べています。「IoTのセキュリティは、デバイスのメーカーや事業者にとって課題となっています。スマートデバイスが私たち個人の生活や仕事のあらゆる場面まで行き渡るようになり、IoT市場ではデジタルトラストの必要性が高まっています。Mocanaが加わることでデジサートは、デジタルトラストを提供するというビジョンをさらに強化します。私たちは、新規および既存のお客様に当社の統合されたプラットフォームをご紹介できることを嬉しく思います。また、IoT技術や産業・製造業の分野におけるMocanaの専門知識がデジサートチームに加わることを歓迎します。」

Mocanaの日本代理店で、デジサートのリセラーでもある株式会社マクニカ テクスター カンパニーの統括部長である栗本 欣行氏は、以下のように述べます。「マクニカはMocanaと長年にわたり戦略的なパートナーシップを結んでおり、お客様が直面するデバイスレベルのセキュリティとコンプライアンスの両方の課題に対応する能力を高く評価しています。Mocanaが提供する世界最高水準のデバイスレベルのセキュリティとコンプライアンスソリューションを、IoTセキュリティの世界的なリーダーであるデジサートのソリューションと組み合わせることで、当社のお客様は大きなメリットを得ることができます。」

ABB社のプログラムマネジメント担当シニアディレクターのJames Kline氏は、「Mocana社とは長年にわたり戦略的パートナーシップを築いており、当社の製品ポートフォリオへの貢献を心から評価しています。IoTセキュリティの世界的リーダーであるデジサートのバックアップに期待しています。」と述べます。

デジサートとMocanaの統合により、お客様は、デバイスのID管理、安全な接続、デバイスの改ざん防止を実現でき、ファームウェアや設定を遠隔からでも安全に更新することができます。このエンドツーエンドのプラットフォームは、セキュリティの脆弱性を低減し、情報技術(IT)と運用技術(OT)の融合によって実現されるデジタルトランスフォーメーションを可能にします。

MocanaのCTOであるシュリニバス・クマル(Srinivas Kumar)氏は、「Mocanaはデジサートのチームに参加することになり、大変嬉しく思います。両社のソリューションがひとつになれば、オンチップやデバイス製造時のセキュリティ保護の組み込みから、市場に出てからのデバイス上の安全な通信やファームウェアのアップデートまで、IoTセキュリティの課題を独自の手法で解決します。」と述べています。

Clearlake について
Clearlake は、2006 年に設立された投資会社で、プライベートエクイティ、クレジット、その他の関連戦略を統合したビジネスを展開しています。分野に特化したアプローチを通じて、経験豊富な経営陣とのパートナーシップを目指しており、そのために Clearlake の経営改善手法である O.P.S.® から利益を得られるダイナミックな企業に、たゆまず長期的に資本を提供しています。主なターゲット分野は、テクノロジー、産業、消費者です。現在 Clearlake が運用している資産は 600 億ドルを超え、シニアクラスの投資責任者が 300 件以上の投資を主導、あるいは共同で推進しています。オフィスはサンタモニカとダラスにあります。詳細は、www.clearlake.com と Twitter(@ClearlakeCap)でご覧になれます。

TA Associates について
TA Associates は、世界有数のグロースプライベートエクイティ企業です。テクノロジー、ヘルスケア、金融サービス、消費者向けサービス、企業向けサービスの 5 つの業種の中で、特定のターゲット分野に焦点を当て、持続的な成長の機会をもつ収益性の高い成長企業に投資しており、これまでに全世界で 550 社以上の企業に投資してきました。マジョリティ投資もマイノリティ投資も行っている同社は、長期的なアプローチを採用しながらその戦略的リソースを活用し、優れた成長企業で継続的な価値を構築できるよう経営陣が支援します。1968 年の設立以来、475 億ドルの資金を調達してきました。TA Associates は、ボストン、メンローパーク、ロンドン、ムンバイ、香港を拠点とし、100 名以上の投資プロフェッショナルを擁しています。TA Associates に関する詳細は、www.ta.com をご覧ください。

デジサート(DigiCert、Inc.)について;
米デジサート・インク(本社:ユタ州リーハイ、代表者;ジョン・メリル(John Merrill)、CEO、非公開企業)は、認証や暗号化の為の拡張可能なTLS/SSLIoTPKI セキュリティソリューションのグローバルリーダーで、データ、機器、コード、ドキュメントのデジタルな世界に信頼を実現します。デジサートは、DigiCert ONE™ プラットフォームを通じて、PKIの管理方法を革新しています。DigiCert ONEは、PKIを再構築し、受賞歴のある TLS/SSLサーバ証明書マネージャーCertCentral®を含む、柔軟で拡張性のある自動化されたワークフローマネージャーにより、証明書が対応可能なセキュリティのすべての利用方法に対応します。Fortune 500企業の約90%、グローバル銀行上位100行のうち98行を含む革新的な企業の多くが、5G耐量子コンピューター暗号への対応を含んだデジタルトランスフォーメーションと、迅速かつ知識豊富なカスタマーサポートをを求めてデジサートを選択しています。また、デジサート・ジャパンは米デジサート・インクの100%子会社です。最近のデジサートに関するニュースや情報は、デジサートのwebサイト https://www.digicert.com/jp/news#pr、もしくは @digicert(英語)をご覧下さい。