DigiCert®
5G ネットワークソリューション

5G のための
最新セキュリティ

デジサートの PKI ソリューションで、5G ネットワークの
バックボーン、クラウドインフラ、アプリ、デバイスを
保護して認証しましょう。

5G の将来性と危険性

4G から 5G への移行。それは、単なる帯域幅の変更にとどまるものではありません。パラダイムシフトであり、構造的な変容であって、世界規模のエンジニアリングプロジェクトとも呼ぶべきものです。真にワイヤレスの世界で無制限ともいえる速度が得られるという将来性には想像がふくらみますが、5G の構築と運用には、セキュリティに関し多大な課題が伴います。

5G には新しいデバイスが必要

5G の驚異的な帯域幅で、新たに接続できるデバイスはますます増えていきます。リモートの外科手術からスマートシティグリッドまで、5G は誰も見たことがないようなコネクテッド社会を実現するかもしれません。しかし、デバイスが増えるということは、アクセスポイントが増えるということも意味します。ネットワークに接続しようとする IoT 機器も増えます。そして、接続のリクエストが増えれば、認証の問題から生じる脅威も増えることになるのです。

5G にはクラウドが必要

これまで、通信事業者はそのバックボーンを物理的に制御していました。しかし、5G に移行して高速化や新しいアプリ統合を実現するには、クラウドの拡張性と汎用性に頼らなくてはなりません。そこには、新たなセキュリティリスクが発生します。クラウドに移行するとなると、オンプレミスの、あるいは通信事業者の直接の管理下にないネットワークやサービスを保護する必要があるからです。

5G にはスケーラブルなアプリとサービスが必要

5G を使ってこれから何ができるか。それを決めるのは、私たちの考えにかかっています。そのため、5G ネットワークが機能するには、新しいデバイス、サービス、アプリケーションに対応し、適応できるようにする必要があります。5G 経由で提供される、通信事業者とサードパーティのどちらのアプリケーションについてもです。クラウドアーキテクチャであれば、こうした新しいデバイスがネットワークに接続し、新しいアプリを必要とするようになっても、拡張性と柔軟性を確保することができます。ところが、アプリの安全性が確保されていないと、伝送、基地局、スマートフォンが保護されていない場合と同様に、ネットワークとそのユーザーにも大きなリスクをもたらす恐れがあります。

5G にこそ必要な PKI

PKI が 5G のセキュリティ対策がいかに有効かをご覧ください。

UP NEXT

5G と DigiCert ONE:
クラウドで理想の組み合わせ

DigiCert ONE は、最新の PKI マネージャーから成るスイート製品です。お客様のニーズに応じた構成で迅速に導入することを前提に、強力なプラットフォームで提供されます。

公開鍵と秘密鍵のインフラストラクチャは、転送中のデータを保護し、デバイスとユーザーを認証して、メールや文書からアプリケーションまであらゆるもののコードの完全性を保護することが、長年にわたって実証されています。DigiCert ONE の機能として最新化された PKI は、可用性と拡張性がきわめて高く、柔軟性にも優れているので、クラウドだけでなく 5G の需要にも対応することができます。

5G 対応の DigiCert ONE が実現する完全性

コードの更新やコンテナが信頼できるソースに由来し、改変されていないという安心を実感してください。

保護

強力な認証と暗号化で、5G ネットワークおよびシステムへの不正なアクセスを防ぎます。安全なコードサイニングと強力な鍵による保護によって、コードとコンテナの完全性が検証されます。

パフォーマンス

動的なスケーリングが可能なので、必要な速度でパフォーマンス要求に簡単に対応する 5G 構成を構築できます。

構成

カスタムのプライベート CA 階層と IoT デバイスの集中管理によって、複雑な 5G エコシステムも容易に制御できます。 

柔軟性

アーキテクチャがコンテナ化されているので、5G の特定のニーズに合わせた配置の構築の容易です。オンプレミス、クラウド、ハイブリッドのいずれにも対応します。

あらゆるニーズに応える各種マネージャー。
オールインワンのプラットフォーム

DigiCert ONE は、お客様の 5G インフラストラクチャをあらゆる面から保護します。別々のツールや、複雑でリスクの高い監視プロセスは必要ありません。最新の PKI ワークフローをスマートかつ効率的に管理できます。

DigiCert® Enterprise
PKI Manager

企業や国内のユーザーとデバイスの認証管理に

詳細を見る

DigiCert® IoT
Device Manager

メーカーやライフサイクル全体でのデバイス証明書管理に

詳細を見る

DigiCert® Secure
Software Manager

コード、コンテナ、ソフトウェア、アプリの署名管理の簡素化に

詳細を見る

どのレイヤーも完全にカバー

DigiCert ONE のマネージャーを組み合わせることで、
5G クラウドインフラストラクチャのどのレイヤーも完全に保護します。

クラウドストレージ

電子証明書を使って、クラウドデータストレージとアクセスのセキュリティを確保します。Azure Active Directory と統合されます。

企業システムの移行

ユーザーやシステムの強力な認証要素を導入し、Azure Conditional Access を介して組織のポリシーを徹底します。

コンテナ化

Kubernetes や Docker などのコンテナ、コンテナ間の通信、クラウドのコンテナ上のアプリケーションの完全性を、署名付きの更新と鍵の保護で保証します。

仮想化

ホスト、ゲスト OS、仮想アプリケーションに強力な認証、署名付きの更新、鍵の保護を提供して、クラウド仮想マシンの構成の完全性を確保します。 

オーケストレーション

クラウドのオーケストレーションアプリケーションとソフトウェアの完全性を保護して、異種セキュリティシステム間の通信を暗号化します。

CI/CD – DevOps

コードサイニングを DevOps CI/CD ツールに統合して、ソフトウェア、コンテナ、システム、サービスの完全性を実現します。セッションごとの認証機能、一時的な暗号化転送、短期証明書によって動的認証が可能になります。

お見積書、トライアル、製品資料などについて
ぜひ営業までお問い合わせください。