自動化されたセキュリティは、デジタルトランスフォーメーションの重要なコンポーネントです

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、組織の運営方法を変えています。特に、2020年に従業員が在宅勤務に移行したことで、DX、つまりデジタル技術への移行プロセスがより一層急務となっています。DXは、もはやビジネスプロセスとしての必要性や、先進的な組織だけの課題ではなく、組織が迅速に適応するための生き残りをかけた重要な課題です。

DXの魅力の一つは、手動で行っていたプロセスが自動化されることで、ビジネスの時間とコストを削減し、ヒューマンエラーを減らすことができる点であり、DXと自動化は密接に関係しています。しかし、組織がDXを進める一方で、セキュリティ、特に公開鍵基盤(PKI)のセキュリティを検討する重要な時期でもあります。DXの中で、電子証明書に対する脅威のベクトルは指数関数的に増大しています。これは、組織がより多くのデバイスやユーザーを持ち、多くの場合リモートで接続しているためで、顧客や組織データを保護するために、より効率的な証明書の管理方法が必要となっています。セキュリティ管理を自動化することで、組織の時間を節約し、特に大規模な場合にはビジネスの機動性を高め、ヒューマンエラーから保護することができます。

DXをどのように進めているかにかかわらず、自動化とセキュリティの自動化を検討することで、DXがもたらす、すべての利益の享受ができます。

DXは、適切なセキュリティがなければ侵害のリスクになります。

組織がデジタル・プロセス・オートメーションに移行する際に、セキュリティを忘れてしまうと、大きなリスクや潜在的なサービス障害につながる可能性があります。Ponemon社の調査では、ITセキュリティと経営幹部レベルの82%が、DXの結果、1回以上のデータ侵害を経験したと報告しています。

2020年には、世界の経営者の79%が、サイバー攻撃や脅威をリスク管理の最優先事項として挙げています。さらに、2019年の調査によると、セキュリティは、クラウドの移行に次いで、2番目に高い投資の優先順位となっています。セキュリティが欠如していれば、DXへの投資は、その価値を失い、さらには組織のコストを増大させる可能性があるからです。証明書が停止すると、1時間あたり50万ドル以上のコストがかかり、修復には数日かかることもあり、ブランドの評判を落とすことになります。

さらに脅威は進化し、巧妙化し続けているため、検知が難しくなっています。証明書の管理を自動化することで、脅威に先手を打ち、より迅速に対応ができるようになります。

重要なビジネスタスクを自動化する一方で、セキュリティの自動化も検討してください。

組織は重要なビジネスタスクの自動化を優先してきたように、セキュリティについてもできる限り自動化すべきです。PKIに関して言えば、自動化するのにこれほど適した時期はありません。電子証明書の管理については、エクセルのスプレッドシートやカレンダーのリマインダーで対応することは、もはや困難です。最新のPKIソリューションは、証明書のリクエスト、更新、検証、アラート、失効などを自動化し、PKIセキュリティの簡素化、コスト削減、時間短縮を実現します。これらのソリューションは、侵害から保護するだけでなく、証明書ネットワークの可視性を維持することができます。

組織は、あらゆる種類のプロセスを自動化することで、ヒューマンエラーを減らし、コストを削減し、時間を節約することができます。DXの代表的な例として、署名入りの文書など、紙からデジタルへの移行が挙げられます。例えば、デジタルドキュメントサイニングでは、一括して署名を自動化し、大量の署名を行うことが可能になりました。自動署名は、大規模な導入をより迅速かつ容易に行うことができ、従来の署名に比べて改ざんが防止できるため、より安全です。デジタルドキュメントサイニングは、手書きの署名を不要にし、コストを削減し、ビジネストランザクションを加速させ、環境への影響を小さくすることができます。しかし、文書の署名には、データの整合性や文書の真正性を確保し、否認されないためのでは、一括して署名を自動化し、大量の署名を行うことが可能になりました。自動署名は、大規模な導入をより迅速かつ容易に行うことができ、従来の署名に比べて改ざんが防止できるため、より安全です。デジタルドキュメントサイニングは、手書きの署名を不要にし、コストを削減し、ビジネストランザクションを加速させ、環境への影響を小さくすることができます。しかし、文書の署名には、データの整合性や文書の真正性を確保し、否認されないためのセキュリティが必要です。デジタル署名は、PKIの基準と手順を用いて、暗号鍵を用いて文書の内容を保護し、署名者を識別します。この方法は、世界的なデジタル署名規制に基づく最高レベルの保証を提供し、文書に法的拘束力を持たせます。電子文書の署名に暗号鍵を使用しないと、文書の内容を保護したり、署名者を特定したりすることができません。また大量の文書を管理し、迅速かつシンプルに署名するためには、デジタル署名を自動化することでしか実現できません。このように、デジタル文書の署名は、セキュリティの自動化がDXと密接に関連していることを示す代表的な例です。

セキュリティの必要性は、DXのあらゆる側面に及んでいます。組織がデジタル証明書とPKIへの依存度を高めるにつれ、時間を節約し、管理作業を簡素化するために、セキュリティの自動化が重要になります。ここでは、セキュリティに関して自動化すべき事項と、その方法をまとめました。

DigiCert AutomationとDiscoveryオプションによるセキュリティの自動化

デジサートは、電子証明書を自動化して管理するための統合プラットフォームを提供し、証明書の管理活動をコントロールし、効率化します。CertCentral は、証明書の注文、更新、監視、検査、再発行、失効などの鍵管理作業を自動化します。DigiCert Automationでは、自動化の設定とスケジュールを完全にコントロールすることができます。デジサートは、セキュリティプロセスを簡素化し、組織をより機敏にし、ウェブセキュリティを向上させることができる革新的な自動化と発見のオプションを提供しています。

ビジネスを変革し、自動化することをお考えですか?digicert.com では、デジサートの自動化とDiscoveryのオプションについて詳しく説明しています。また、デジサートの自動化に関する最新情報については、ブログをご覧ください。

UP NEXT

IoT Day、デバイスセキュリティについて話し合うことを忘れないでください

特集記事

VMC Blog Featured Image

ユーザーの受信トレイに貴社のロゴを表示する:VMC GMAIL PILOTから学べるヒント

デジサートのPKIオートメーション調査から見えてきた3つのこと

証明書のピンニングはやめましょう