過去の記事では、認証マーク証明書(VMC)を取得するために組織の資格を得るための2つの重要なステップを取り上げました。

今週は、同じように重要なもう一つのステップ、「あなたのブランドロゴが登録商標かどうかを確認し、登録商標でない場合は登録商標申請する方法」について説明します。

注:私たちは法律の専門家ではありませんので(ただ、法務スタッフが数名いますが)、これは網羅的なチュートリアルや法律上のアドバイスを提示するものではありません。VMCに申し込む前に、このステップを完了させるための注意点として考えてください。

登録商標と認証マーク証明書との関係は?

答えはいたってシンプルです。登録商標であるロゴは、州、連邦、国レベルで審査されているため、なりすましが難しくなっています。さらに、BIMI規格では、組織がVMCを発行できるように、登録商標であるロゴを持つことを要求しています。

自分のロゴがすでに商標登録されているかどうかを確認するにはどうすればいいですか?

簡単に言えば、商標事務所が認めたロゴが商標として登録されているかどうかを法務部に問い合わせてみることです。法務部をお持ちでない方は、世界知的所有権機関( (WIPO) )のホームページをチェックして、組織のロゴを検索してみてください。あなたの組織のロゴが見つかり、有効かつ有効な登録商標として表示されている場合は、表示されている管轄区域で登録商標であるロゴを持っていることを意味します。

DigiCert Logo

® マークは登録商標です。

BIMI/VMCが認められている商標事務所はどこですか?

現在、VMCガイドラインでは、7つの知的財産事務所を公式に認めています。

VMCの資格を得るためには、あなたの組織により、(まだ登録されていないなら、)上記の7つの知的財産事務所のいずれかにそのロゴを商標登録する必要があります。

この初期のリストは、グローバルな組織のすべてをサポートするものではないことを認識しており、DigiCertはWIPOリストへより多くの各国知的財産事務所追加することを要求しています。

登録商標になっているロゴを所有しません。次は何ですか?

一番簡単な回答:組織の法務チームに相談ください。

法務チームがありませんか?あなたが米国に住んでいる場合は、必ずしも法務部が必要なわけではありませんが、USPTOは強く法的な表現でプロセスを進めることを推奨しています。なので私たちもそれを遵守しています。

次に、あなたのマークが登録可能で、正しいフォーマットであることを確認します。ここでは、USPTOが準備したUSPTOへの出願のための商標の準備方法についての役立つビデオ(英語)をご紹介します。

https://www.uspto.gov/learning-and-resources/uspto-videos/basic-facts-selecting-mark

マークが商標として適格であることを確認したら、次のことを行います。

  1. 提供する商品やサービスを明確に定義しましょう。ロゴが商標ガイドラインを満たしていることは非常に重要です。
  2. あなたのマークが他の登録商標と競合していないことを確認するために、関連する司法管轄区で検索をしてください
  3. 出願に必要な個人情報を収集します。
  4. USPTOや他の知的財産局への出願手続きを開始しましょう(理想的には、特許/商標弁護士に依頼しましょう)。締め切りが厳しく、結果への回答までには時間がかかるので、できるだけ早く始めてください。

出願後は、USPTOや他の知的財産事務所の指定された審査官と協力して、あなたのマークが商標登録されるかどうか審査されます。知的財産事務所からの追加要求には、遅延なく対応するようにしましょう。

最後に、審査官からの異議申し立てがない場合、承認または非承認の通知が届きます。

米国外にいて、自国の知的財産事務所がまだ認められていない場合はどうすればいいのでしょうか?

VMCにロゴが含まれているかどうかを検証する際には、上記の7つの知的財産事務所のいずれかに登録されていることを確認しなければなりません。全世界各国の法律に精通しているわけではないので、上記で共有した以上の、ロゴを他国で商標として登録するにはどうすればいいのか、ということに対する回答は持ち合わせません。ただ、あなたのロゴが現在の7つの知的財産庁のいずれかでアクティブな商標として登録されている場合は、その登録を使用して認証します。

UP NEXT

特集記事

デジサート2021年 情報セキュリティ予測

blog-card-images
09-20-2019

IDCの新しい調査で、エンタープライズセキュリティへのPKI 利用の増加傾向が明らかに

米国科学アカデミーによるレポート:量子コンピューティングに関するDigiCertの見解