耐量子コンピューター暗号 03-12-2021

量子コンピューティングが社会に与える影響

Timothy Hollebeek

量子コンピュータは、「2010年代のスマートフォンのように、2020年代には革命的なものになる可能性がある」と、専門家たちは考えています。量子コンピュータの恩恵は、社会のあらゆる側面に及び、プライバシー、金融、ヘルスケア、エンターテイメント、テクノロジーなど様々な分野で、文字通り世界を変えるでしょう。

しかし一方で、量子コンピューティングのデメリットとして、現在の暗号化システムが破られることが挙げられます。企業や組織が、暗号について耐量子コンピュータ アルゴリズムへの移行を準備していない場合、データの盗難に繋がってしまう可能性があります。適切なセキュリティがなければ、約束された量子コンピューティングの利点の多くが失われてしまいます。 デジサートでは、耐量子コンピュータ暗号への移行の準備に役立つソリューションを革新し、今後のセキュリティの課題に先手を打つ方法を企業や組織に提供しています。この記事では、量子コンピューティングが社会に与える潜在的な影響と、今から準備できることについて説明します。

量子コンピュータの分野別の影響

量子コンピュータは、これまでのコンピュータでは不可能だった様々なイノベーションや計算に、あらゆる産業分野で活用されていくでしょう。量子コンピュータは、投資判断の高速化、医薬品やワクチンの開発の迅速化、輸送の革新など、様々な形で社会に利益をもたらす可能性を秘めています。しかし、量子コンピュータのデメリットとして、現在の暗号が破られる可能性があります。ここでは、量子コンピュータが社会にどのような影響を与えるかについて、各業界の専門家の意見をご紹介します。

医療

量子コンピュータは、これまでのコンピュータでは不可能だった様々なイノベーションや計算に、あらゆる産業分野で活用されていくでしょう。すなわち、投資判断の高速化、医薬品やワクチンの開発の迅速化、輸送の革新など、様々な形で社会に利益をもたらす可能性を秘めています。しかし、量子コンピュータのデメリットとして、現在の暗号が破られる可能性があることも指摘されています。ここでは、量子コンピュータが社会にどのような影響を与えるかについて、各業界専門家の意見をご紹介します。

金融

これまでの研究によると、短期的には金融セクターが量子コンピュータから最も恩恵を受けると言われています。金融における量子コンピューティングのメリットとしてまず挙げられるのは、これまでランダムかつ大量すぎて計算できなかった株式市場の結果を計算できるようになることです。投資家は、様々なシナリオを想定した、より正確なリスク評価を求めるようになっていますが、量子コンピュータはそれに対応することができます。ローンやポートフォリオを計算する際にも、量子コンピュータはより正確なクレジットの計算を提供し、より良い融資の判断を可能にします。

気候予測

量子コンピュータは、天候を予測することも可能です。PBS(Public Broadcast Service; 公共放送サービス)のMIT(マサチューセッツ工科大学) 教授へのインタビューによると、「現在、古典的なコンピュータでは、天気を予測するために、実際に天気が進化するよりも多くの時間を要する可能性がある」とのことです。このように気候予測が改善されれば、輸送や食料生産など、天候に依存する他の多くの産業に影響を与える可能性があります。米国では、GDPの約30%が、直接的または間接的に天候の影響を受けています。さらに気象予測ができれば、災害に備えるための時間を確保することもできます。

旅行・輸送

AIと組み合わせた量子コンピューティングは、交通信号の最適化、自律走行車の開発、航空管制など、旅行や輸送に恩恵をもたらします。輸送については、量子コンピュータの成果を得るには数年かかるかもしれませんが、業界に革命をもたらす可能性があります。量子コンピュータは、最適な交通ルートを素早く計算し、渋滞を緩和し、貨物をより早く届けることができるようになるでしょう。アマゾンやフェデックスのような企業にとって、この効率化は最大で600%の利益増を意味します。

さらに、量子コンピュータは、AIによるトレーニングが必要な自律走行車の開発を早めるのに役立つかもしれません。現在、AIのアルゴリズムを学習させるには、世界最速のコンピュータでも数週間から数ヶ月かかると言われていますが、量子コンピュータを使えば、その開発スピードは飛躍的に向上するでしょう。

量子コンピュータは、メディアやエンターテインメント、消費財、保険など、他の産業でも社会に影響を与えるでしょう。しかし同時に、プライバシーやサイバーセキュリティにもかかわるため、企業や組織が準備を怠れば深刻な悪影響を及ぼす可能性があります。

プライバシー/セキュリティ

量子コンピュータが社会に与える影響で最も顕著なのは、おそらくデジタルセキュリティとプライバシーに関するものでしょう。量子コンピュータは、現在のコンピュータよりも指数関数的に多くの要素を実行できるため、現在の暗号アルゴリズムを破ることができます。これは、古典的な暗号化手法が量子コンピュータに対して脆弱になることを意味しており、すでにそれを可能にする量子アルゴリズムが開発されています。それはショア(Shor)のアルゴリズムです。

最近のデジサートの調査では、ITプロフェッショナルの71%が、量子コンピューティングが暗号化に与える脅威を知っていることがわかりました。しかし、組織がこの脅威をどの程度理解しているかは様々であり、準備のレベルにも同様に大きな差があります。このギャップを埋めるために、デジサートは現在、耐量子コンピュータ暗号の影響に対する準備を可能とするツールや製品の革新に取り組んでいます。

量子コンピューティングの影響に対する準備は早めに

量子コンピュータは、今後5年から10年の間に、現実のものになるでしょう。2020年には、量子コンピュータがさらに現実に近づき、2021年には、近い将来の量子コンピュータの現実性をさらに高める開発・研究が続けられています。現在、研究者や組織の間では、量子コンピュータをいかに早く開発するかという競争が行われています。しかし、あなたの企業や組織の暗号技術と量子アルゴリズムとの競争には、あまり時間はありません。

デジサートは、業界の専門家と積極的に協力し、耐量子コンピュータ暗号のソリューションを開発しています。例えば、量子アルゴリズムに対するデジタル証明書のテストを可能にする耐量子コンピュータ暗号(PQC)ツールキットや、耐量子コンピュータ暗号(PQC)の扱いや組織の準備について理解を深めるための耐量子コンピュータ暗号の成熟度モデルなどがあります。

詳しくはブログをご覧いただくか、pki_info@digicert.com までご連絡ください。

UP NEXT
5G セキュリティ

EU向けの新しい5Gの仕様レポートは、5Gを保護するための有用なガイド

5 Min

特集記事

デジタルトラストは IT の重要課題

04-13-2022

DigiCert CertCentral® の機能強化でさらに詳細な検出、ドメイン一括認証、その他が可能に

進化する脅威からデジタルプラネットを保護する