IoT(Internet of Things)における自動車のセキュリティを考える

ガートナーの調査では、2020年には5台に1台の割合で車両にワイヤレスネットワーク接続が導入されることになるだろうと言われています。IoT(Internet of Things)の時代では、今まで接続されていなかったデバイスが、データ収集のため、または、システム自動化のためにインターネットにワイヤレスでつながっており、自動車はこの新しいテクノロジーの主要な要素です。

セキュリティソリューションでIoTを保護する

IoT(Internet of Things)は、ネットワーク接続に関連する最も興味深い開発分野の1つになっています。IoTデバイスの数は2020年までに400億を超えると予測され、この発展による産業的成功がもたらす利益は無限だといえます。

PKI:IoT認証問題の解決へ向けて

いわゆるビッグデータとコネクテビィティは、私たちの生活やビジネスのあり方を変えています。デバイス、製品、システムを常時、グローバルなインターネットに接続することで、意思決定の改善、パターンの分析、企業の収益向上を図るための豊富なデータを手軽に手に入れることができます。

ハッキングされやすい機器とそれを守るためのヒント

Silicon Beat(※シリコンバレーのニュースメディアが持つブログサイト)は、2016年はInternet of Thingsの年であったと発表しました。物が完全につながっている世界に少しずつ近づくにつれて、私たちはいろいろなことを期待するようになっています。

スマートホームの落とし穴 何をしておくべきか

日々の生活を送る家庭にIoTが浸透してきています。家電がインターネットに接続することで多くの利便性をもたらすと同時に、外部から不正アクセスされる危険性も忍び寄ってきています。残念ながら、まだ多くの人々が後者の危険性を強く意識していません。

IoTのための4つの考察

IoT(Internet of Things)に接続されるデバイス数の増加は市場で存在感を強めています。ガートナー社は、IoTに接続されるデバイスの数は2020年までに250億個に上ると見込んでいます。そしてこれは、データを暗号化せずに送信するデバイスが数十億個存在するかもしれないことを意味します。