コード署名の信頼性

コード署名で
PKI はどのような役割を
果たしますか?

コード署名で PKI はどのような役割を果たしますか?

コード署名は PKI の一種であり、開発環境と本番環境の両方で使用されます。PKI は Public Key Infrastructure (公開鍵基盤)の略であり、暗号化、認証、完全性の原則を用いて情報を安全にやり取りできるようにするセキュリティのフレームワークです。 

このフレームワークには、暗号鍵(公開鍵/秘密鍵ペア)、電子証明書、認証局(CA)というサードパーティーの身元確認機関が関与します。この 2 つの鍵が対となって働くことでデータが保護されます。公開鍵はデータを暗号化するために使用され、そのデータは公開鍵と一致する秘密鍵でしか復号できません。PKI は、ネットワークや Web サイトから電子メール、ユーザーまで、あらゆるものの安全を守るものとして何十年にもわたって信頼されてきました。