暗号方式

耐量子暗号方式とは 

何ですか? 

耐量子暗号方式とは何ですか?

耐量子暗号方式(量子暗号または量子安全暗号とも呼ばれる)とは、マシン間通信の暗号化に量子コンピュータを使用する暗号アルゴリズムの開発を指している用語です。

耐量子暗号方式はなぜ重要なのですか?

量子コンピュータが現在の暗号を解読できるようになるにつれ、安全な通信を確保するための新たなアルゴリズムが必要になってきます。これは、いずれ耐量子暗号方式(PQC)が、電子証明書の基礎となっている暗号化システムとして RSAECC に取って代わる可能性があることを意味します。

耐量子暗号方式の導入により、組織のセキュリティにどのような影響がありますか?

将来の大規模な量子コンピュータは、現在普及している多くの公開鍵暗号化システムを「破壊」する可能性を秘めているため、インターネットとその他の領域におけるデジタル通信の機密性と完全性を著しく損なうおそれがあります。耐量子暗号方式に向けた準備を怠ってきた組織は、Web サイトドメイン、サーバー、その他の PKI インフラストラクチャのセキュリティ対策を慌てて講じることを余儀なくされるでしょう。

耐量子暗号方式に対する準備が出来ていることによってどのように信頼性が向上するのですか?

耐量子暗号方式の導入などを通じて将来のセキュリティ脅威に備えることは、個人情報/機密情報および個人データの管理を託されている組織にとって非常に重要です。万全な準備をすることで、組織が運営する Web サイト上に個人情報を提供するサイト訪問者、顧客、その他のユーザーからの信頼を高めることができます。さらに、企業は、デジタル資産の侵害と評判の失墜を未然に防ぐことができ、それらが発生したときの金銭的な損害からも守られます。