アイデンティティトラスト

アイデンティティ
トラストとは
何ですか?

アイデンティティトラストとは何ですか?

アイデンティティトラストは、2 段階からなります。最初の段階では、オンラインアカウント作成、ログイン、電子署名、決済、PKI 証明書などのシナリオで、デジタル世界における企業や個人のアイデンティティに対する信頼を確立します。たとえば、認証局であるデジサートは、電子証明書を発行するために企業と顧客のアイデンティティを検証しています。また、アイデンティティトラストと検証により、法令の遵守と不正行為の防止が促進され、オンラインエクスペリエンスの向上にもつながります。

アイデンティティトラストの 2 つ目の段階では、オンラインユーザーは、インターネット上の誰とやり取りしているか認識できるようになり、そのような通信や取引の安全性が確保されます。たとえば、ユーザーとデバイスが本人(本物)であることをどのように知ることができるでしょうか。公開鍵基盤(PKI)では、アイデンティティ認証を実装できます。これは、オンラインセキュリティと信頼の確保に欠かせないコンポーネントです。ユーザーが申告どおりの本人で、組織に対して発行しているのが本物のデバイスであることを証明することにより、それらのユーザーやデバイスとの通信を信頼できるようになります。

詳しくは、こちらの PKI e ブックをご覧ください。

ビデオ: アイデンティティを一瞬で