アイデンティティトラスト

企業は PKI を
日常的にどのように
活用していますか?

企業は PKI を日常的にどのように活用していますか?

企業は、公開鍵基盤(PKI)を Web セキュリティ、IoT デバイス、ID カードの作成などの領域で日々活用しています。一般的に、PKI は、データの暗号化と署名を可能にするプロセス、テクノロジー、ポリシーのシステムのことを指します。PKI を利用することで、ユーザー、デバイス、サービスのアイデンティティを検証するための電子証明書を発行できます。電子証明書を適切に利用すると、公開の Web ページでもプライベートシステム(仮想プライベートネットワーク(VPN)、社内 Wi-Fi、Wiki ページ、多要素認証をサポートするその他のサービスなど)でも安全な接続を確立できます。


企業にとって PKI が重要なのはなぜですか?

企業は、ビジネスまたは個人の機密情報を保護するための強固なデジタルセキュリティを必要としています。公開鍵基盤(PKI)が提供するフレームワークにより、悪意のある攻撃者による攻撃からビジネスを保護することができます。こうした攻撃は有害でコスト負担につながり、企業にダメージを与え、その最も重要な資産を損なうおそれがあります。PKI は、企業ユーザー、デバイス、システム向けに機密性、完全性、真正性、否認防止の実現を可能にします。


PKI で従業員やデバイスの信頼性はどのように向上しますか?

PKI では、ユーザー、デバイス、サービスのアイデンティティを認証することで、従業員とデバイスの信頼性を向上させます。これらのデバイス、ユーザー、サービスのなりすましやフィッシングからの保護も提供されます。PKI なしでは、組織全体に強固なデジタルセキュリティを実装できず、あらゆるデータとデバイスがセキュリティ侵害にさらされるおそれがあります。


PKI が未だに証明書管理の標準であるのはなぜですか?

公開鍵基盤(PKI)が証明書管理の基盤であるのは、PKI が機密性、完全性、真正性、否認防止の実現を可能にしているからです。PKI は、公開鍵暗号方式をベースにしています。公開鍵暗号方式とは、安全でないメディアを使用しても組織とユーザーが安全に通信することを可能にする、広く受け入れられている非対称テクノロジーのことです。PKI は転送中のデータを署名者に関連付け、データの完全性を守ります。

関連リンク:
https://pkic.org