脆弱性管理

暗号化の俊敏性
とは何ですか?

暗号化の俊敏性とは何ですか?

暗号化の俊敏性とは、セキュリティシステムが暗号化メカニズムを素早く切り換える能力のことを言い、組織の暗号化資産の可視化と動的な移動に焦点を当てます。暗号化の俊敏性を実現するには、組織内のどこ(どのプロトコル、ライブラリ、アルゴリズム、証明書など)で暗号化が使われており、その暗号化技術がどのように実装されているかが可視化されていることと、問題が発生した場合に迅速に特定して修正できる能力が必要です。暗号化の俊敏性を有する企業は、システムのインフラを大きく乱すことなく、古くなった暗号資産を交換する能力を備えています。多くの場合、この能力は自動化によって実現されています。